工藝を我らにセレクション―資生堂が提案する美しい生活のための展覧会―

2018年8月22日 10:00

   資生堂アートハウスでは、当館が2015年から2017年にかけて開催した企画展、第一期「工藝を我らに」を回顧する、「工藝を我らにセレクション」を開催いたします。「工藝を我らに」は、陶藝の十四代今泉今右衛門(じゅうよんだいいまいずみいまえもん・1962-)・内田鋼一(うちだこういち・1969-)、ガラス工藝の松島巌(まつしまいわお・1946-)、漆藝の小椋範彦(おぐらのりひこ・1958-)・小西寧子(こにしやすこ・1968-)によるグループ展で、メンバーは年に一度「生活の中で使うもの」というテーマで新作を発表し、アートハウスの会場において、作品を実際に用いる場面を想定しながら展示をするという試みでした。それは、資生堂が1872年の創業以来続けてきた、商品はもとより、パッケージや宣伝制作物に至るまで、美しいもの、品格あるものを創造すること、そして、一化粧品会社の立場から日常生活全般の藝術化を提唱してきた歴史の延長線上にあるもので、展覧会を通じて、私たちの身の周りから始まる美しい生活の在り方を提案するものでした。今回のセレクション展では、3年間の「工藝を我らに」において発表された作品を中心に、さまざまな道具類や美術品などを組み合わせながら日常の一場面を再現し、第一期「工藝を我らに」の歩みを振り返ります。

休日の朝食(十四代今泉今右衛門、内田鋼一、富本憲吉)

イベント詳細ページへ

会期

2018年9月11日(火) ~ 11月25日(日)

会場

資生堂アートハウス

所在地

〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1

インターネットミュージアム
静岡県 最新記事
2018/10/16

2018年シーズン最下位に沈んだ阪神タイガース。新たに矢野燿大2軍監督が1軍監督に昇格し、立て直しを図る。 矢野新監督を支える新たな指導陣についても、各ス...

2018/10/15

2018年10月に投稿されたあるツイートがきっかけで、「タンメン」の話題が盛り上がっている。「『お前に食わすタンメンはねぇっ!』ってギャグは知ってるけど、...

2018/10/14

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ