北斎と広重 冨嶽三十六景と東海道五十三次 | 二大風景版画一挙公開

2018年2月14日 10:00

   葛飾北斎(1760~1849)は、狂歌絵本、読本、絵手本、錦絵、肉筆画など多彩な分野で活躍し、その画業は存命中ヨーロッパにまで及び、後の印象派の画家などに大きな影響を与えました。中でも天保2年(1831)頃より西村永寿堂から発行された「冨嶽三十六景」は、当時の富士信仰の盛行を背景に、斬新な構図や輸入品の科学顔料ベロ藍を用いた鮮やかな発色で人気を博しました。一方、歌川広重(1797〜1858)は、はじめ歌川豊広の門人として役者絵、美人画を描いていましたが、風景画家として名声を高め、晩年まで多くの名所絵を製作しました。天保5年(1834)版元である竹内孫八が刊行した「保永堂版東海道五十三次」は自然と融合した庶民の暮しや旅の情景が生き生きと描かれ、広重の出世作となりました。同展では、浮世絵風景版画の分野を確固たるものとした冨嶽三十六景全46枚と保永堂版東海道五十三次全55枚が全期間を通じて公開されます。二大絵師による屈指の名作がご堪能いただける機会です。

イベント詳細ページへ

会期

2018年3月16日(金) ~ 4月24日(火)

会場

MOA美術館

所在地

〒413-8511 静岡県熱海市桃山町26-2

インターネットミュージアム
静岡県 最新記事
2018/10/22

2020年東京オリンピックに向けて工事が進む新国立競技場。そのすぐ側にある「ちゃんぽん」の名店「水明亭」が2018年10月31日に閉店する。 国立競技場や...

2018/10/22

テレビ朝日系列のバラエティー番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、「アーティストの全国ツアーがウチの県には全然来てくれない」という話題が取り上げられた。2...

2018/10/21

2018年のプロ野球はレギュラーシーズンが終了。セ・パ両リーグの優勝チームが決まり、ポストシーズンへと突入した。レギュラーシーズンと日本シリーズの2回チャ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
KitaQ

久松郁実さんが必死に訴えることとは...?

KitaQ
北九州市

北九州市で「我が家」に移住してみた

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ