実は梅田よりも攻略困難? 一見シンプルな名古屋駅が「迷駅」と呼ばれる理由とは

2020年8月 3日 06:00

ダンジョンとか迷宮とか呼ばれる駅といえば、大阪の梅田、東京の新宿と相場が決まっている。

...と思っていたのだが、その二駅以上に迷いやすい駅があるらしい。名古屋駅だ。

2020年7月21日、次のような意見がツイッターに投稿され、話題になっている。 

図は、カラフルに彩られた名古屋駅の路線図のようだ。

JR、新幹線、近鉄、名鉄、あおなみ線、市営地下鉄東山線・桜通線の名古屋駅が、一か所に集中している様子が見て取れる。

確かに密集はしているが、投稿者が「路線図で見ると人畜無害そうに見える」とコメントしているとおり、一見、シンプルな構造のように思える。

ところが、「実際に行くとズバ抜けて迷うひどい構造の駅」なのだという。いったいどういうことなのだろう? このツイートには1万件近い「いいね」が付けられ、目下拡散中のようだ。

ちょっと何言っているか分からない状態のJタウンネット編集部は、投稿者のとさろく (@ef651036jrf) さんに詳しい話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ