石碑だと思ったら...実は自販機! 斬新すぎるコラボの謎、設置の水族館に聞いた

2019年10月20日 11:00

もみじ饅頭、絵馬、はんこ......。Jタウンネットではこれまで、様々な変わり種商品を扱う自販機を紹介してきたが、今回また新たな珍自販機を発見した。

変わっているのは売っているものではなく、その外観。それがこちらだ。

自販機...?(画像はむろと廃校水族館公式ツイッターより)
自販機...?(画像はむろと廃校水族館公式ツイッターより)

「室戸市立 椎名小学校」

そう大きく書かれた石のような置物。側面には校歌と沿革が書かれているといい、どう見ても「石碑」だ。周囲にはプランターが置かれ、とても自販機には見えない。

設置されているのは椎名小学校の校舎を利用した「むろと廃校水族館」(高知県室戸市)の入り口。入館する人からはこの通り石碑にしか見えないが、飲み物はどこに...?

ギャップがすごい(画像はむろと廃校水族館公式ツイッターより)
ギャップがすごい(画像はむろと廃校水族館公式ツイッターより)

裏側に回ると、石碑面とはうって変わって普通の自販機だ。並んでいる商品は普通のようだが、これでは気づかない人がいてもおかしくない。ツイッターではこの自販機に対して、

「缶やペットボトルが、集合写真に見えてくる・・・」
「意表をつくコラボ」
「金属製の石碑とは」

といった声が寄せられている。

むろと廃校水族館によれば、この「石碑」は2019年10月11日に除幕式が行われたばかり。12日には、

「なんと、お金を入れるとドリンクが買える多機能型石碑なのです!
自販機と呼ぶ人もいます」

とツイートしている。

いったいなぜこの2つをコラボさせたのか。Jタウンネットは10月18日、むろと廃校水族館の館長・若月元樹さんに話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ