なぜ名古屋の街には「パトランプ」がやたらクルクルしてるのか

2013年12月 9日 18:00

最初は宣伝、いまでは「営業確認」

東京・大阪を抑えて、名古屋が日本一なのはなぜか。現場に向かった番組スタッフは目を疑った。街のいたるところでパトランプが点滅しているではないか。寿司屋やラーメン店、コンビニの看板までパトランプがクルクル回っている。

立ち並ぶ喫茶店とパトランプ(osanpoさん撮影)
Today's Photo 080125 #04

観察すると、喫茶店の看板にパトランプが特に多い。喫茶飲食生活衛生同業組合副理事長の鈴木国央さんは、番組の電話取材にこう答えた。

「名古屋市は喫茶店が多いので、(客の目を引くよう)アピールするためにパトランプを付けております」

名古屋の喫茶店といえば、1人当たりの店舗数が全国1位。コーヒーを頼むとサラダやトースト、茶わん蒸しなどがついてくる豪華なモーニングで客を奪い合う、日本一の激戦区だ。

実はパトランプ普及には、この喫茶店が深く関係している。昭和40年代、ある喫茶店が客の目を引くために看板に取り付けたところ、他店もマネするようになり、いつしか市内で爆発的に広まってしまった。

街中パトランプだらけだと宣伝効果はあるのか疑問のあるところだが、ネット上では「店が営業中か否かが一目で分かるので便利」という意見があがっていた。パトランプのない店は繁盛しないというジンクスもあるという。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ