地元に愛され半世紀、「千里セルシー」閉館へ 「寂しい」「昭和がまたひとつ消える」

2019年5月16日 12:26

大阪・豊中市の千里中央駅前にある商業施設「セルシー」が2019年5月31日で閉館する。

セルシー(Razgradさん撮影、Wikimedia Commonsより)
セルシー(Razgradさん撮影、Wikimedia Commonsより)

1972年の開館から47年――ついに閉館の時を迎える。

再開発と地震の影響

セルシーはローマにあるコロッセオを模した独特の造りで、ショッピングモールやアイドル歌手らのイベントが開かれた屋外のセルシー広場がある。

映画館の千里セルシーシアターや飲食店などが並ぶ千里中華街もあったがいずれも営業終了している。

また、18年の大阪北部地震の影響で一時は営業を全面的に停止。その後、地震の影響が少ない店舗から営業を再開したが、ダイエー千里中央店は19年5月16日現在も休業中だ。

そうした状況の中、セルシーは4月26日、公式サイトで「商業施設セルシーの閉館のご案内」との告知を掲載した。

「建物の老朽化も進み、耐震改修促進法等の求める耐震性能を満たしていないことや、昨年6月の大阪北部地震による建物影響があったため、セルシー広場や上層階の一部を閉鎖しておりました」
「そのようなことから、この度、弊施設は、2019年5月31日をもちまして、閉館することといたしました。永きにわたりご愛顧いただきましたことを感謝申しあげるとともに、閉館につきご理解のほど宜しくお願い申しあげます」

これにより6月1日以降、自由通路などの通り抜けもできなくなる。通行不可エリアマップや迂回経路図はフロアごとに作成され、公式サイトで公開されている。

一部店舗は5月31日以降も営業を続け、終了予定は以下の通り、

「居酒屋浪花ろばた八角」、「和楽路屋 セルシー店」 8月31日までに営業終了予定
「馬渕教室 千里中央校」 9月30日までに営業終了予定

また、一部店舗は営業を終了するめどが立っていない。

あまりに急な閉館の発表。ツイッターでは、

「千里セルシー閉館なのか 昭和がまたひとつ消えるのだな」
「セルシー閉館か...大阪にいたほぼ全ての時期に利用してたから寂しい」
「『みんなのセルシー営業中』って横断幕に励まされてたんやけど、そうか閉館か。ありがとうセルシー」

など惜しむコメントが寄せられている。

今後は隣接する千里阪急との一体再開発が検討されている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ