企画展「大地に生きる~しまねの災と幸~」

2020年6月 6日 10:00

   近年大きな災害が日本列島各地で頻発していますが、過去の島根の人々も噴火・地震・津波・水害といった自然災害に、たびたび見舞われてきました。しかし彼らは自然の猛威を前にしてなす術もなかったのではなく、災害からの復興を果たしてきました。そして、製鉄のために大地を崩し、耕地を開き、山林から薪や肥料を得て、たくましく生きてきました。過剰な開発がかえって自然災害を招くこともあり、その営みは試行錯誤の連続でしたが、江戸時代には出雲国が綿の栽培と木綿製造の一大産地に成長したように、豊かな大地に変えたのです。本展覧会では、時には災いをもたらす一方で豊かな幸をもたらす自然に、島根に生きた人々がどのように向き合ったのか、災害・信仰・開発・綿作をキーワードに多彩な資料から迫ります。

イベント詳細ページへ

会期

2020年7月10日(金) ~ 9月6日(日)

会場

島根県立古代出雲歴史博物館

所在地

〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99-4

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
あれこれ ワードスプリング
ひろしまサンドボックスチャンネル
京都あやべ「ねじっとくん」チャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ