距離と運賃のバランスがおかしい? 北海道旅行者が「理解できない」と嘆く飛行機の価格問題とは

2020年7月 3日 20:12

日本最大の面積を持つ都道府県、北海道。

その広大すぎる面積がネット上でネタにされることもしばしばだが、今回は道内の「移動料金」がツイッターで話題になっている。

同じ北海道なのに...(画像は鳥辺茜さん提供、Googleマップを一部加工)
同じ北海道なのに...(画像は鳥辺茜さん提供、Googleマップを一部加工)

話題となっているのはツイッターユーザーの鳥辺茜さん(@kirakira2nd)の投稿。2020年7月1日に投稿した画像では、東京から北海道の稚内までが1万2790円、利尻島から札幌までが1万3800円と書かれている。鳥辺さんは、

「私が1番理解できないこと」

とコメントしているが、いったい何を表した図なのか―――。

Jタウンネットが3日、鳥辺さんに確認したところ、これは鳥辺さんがそれぞれを飛行機で移動した時にかかった料金。東京~稚内間(約1100キロ)より、道内移動である利尻島~札幌間(約240キロ)の方が1010円高くなるという、驚きの結果となっている。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ