201X年、島根県が一大IT都市になる...かもしれない

2015年1月13日 17:36

米国カリフォルニア州のシリコンバレーは、ハイテク産業の聖地として世界中に知られる。
グーグル、アップル、アドビシステムズ、インテル、ヒューレット・パッカード......超一流のIT企業が本社を置く。第二次世界大戦前までは農業地帯だったが、兵器産業に携わる軍関係者や科学・技術者が移り住み出し、現在の隆盛の基となった。

日本では東京・渋谷や六本木、神奈川県川崎市などにIT企業が多く集まる。ただし政治や金融の中心に隣接しているという点で、本場のシリコンバレーとは毛色が異なる。

島根から生まれたプログラミング言語「Ruby」

2014年4月に推定人口が70万人を下回った島根県。県内には国公立大学が2校、短大が3校しかなく、若い人が進学で県外に流出する傾向がある。

松江城から見た県都・松江市(variationblogrさん撮影、Flickrより)
松江城_11

ただし同県出身者の地元志向は比較的強い。県外在住者も「学校で学んだことや企業で積んだキャリアを活かせる職場があれば戻ってもいい」と考える人は少なくないようだ。

県や松江市は、国産プログラミング言語「Ruby」(ルビー)によるまちづくり、産業振興に取り組んでいる。

Ruby公式サイトのトップページ
Ruby公式サイトのトップページ

Rubyを開発したのは、島根県松江市在住のソフトウェア技術者まつもとゆきひろさん。楽しくプログラミングでき、生産性の高さでは定評がある。仕様に関する議論の多くは日本語で行われ、日本人がとっつきやすいメリットもある。
島根県のITベンダが携わっているかどうかは不明だが、楽天市場やクックパッドといった大規模サイトも自社サービスにRubyを採用している。

2006年に松江市は、JR松江駅前に「松江オープンソースラボ(松江市開発交流プラザ)」を設置。ここをRubyの聖地とするためのプロジェクトをスタートさせた。島根大学や地元企業と連携しつつ、IT人材の育成をはじめ、ビジネス研究会の運営、システムの販路拡大などを支援する。

さらに昨年6月、同市はRubyを無料で学べる中学生向けのサイトをインターネット上に開設した(参照:プログラミング言語「Ruby」が中学生でも学べるサイト)。

これらの努力は徐々に成果を上げている。地元ITベンダの売上は、2007年から2012年の6年間で約120億円から約178億円にアップした。東京や大阪の企業が県内に開発拠点を置くケースも現れている。
恩恵を受けるのはIT産業だけでない。県内の一般企業が、地元企業の開発したシステムを採用することによって、業務効率化を果たす事例も生まれている。

東京と大阪でRuby交流会開催

2015年1月18日/25日、「IT WORKS@島根」が大阪と東京で開催される。現地のIT企業と技術者の交流会で、企業説明会と個別面接会が同時に行われる。参加企業は募集職種を公開しており、プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャ、営業、デザイナーなど多種多様だ。

IT WORKS@島根のトップページ
IT WORKS@島根のトップページ

ITサービスについて「日本ではもはや斜陽だ」という見方があるが、社会にとって不可欠な産業であり続けるのは間違いない。
Rubyがリリースされたのは1995年。しばらくはマイナーな存在だったが、デンマーク人がWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」を開発したことで、一躍メジャー言語の1つとなった。まつもとさんもそうだが、たった1人の天才が世の流れを変えることだって不可能ではない。あなたもその一人になれるかもしれない。

Rubyの発展に寄与することで、島根そして日本の活性化に貢献したいという人は、交流会に参加してみてはいかがだろう。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ