「中二病でも恋がしたい!」ラッピング電車 京阪・大津線で運行

2014年3月19日 14:24

人気アニメ「中二病でも恋がしたい!」のキャラクターをデザインしたラッピング電車が、2014年3月18日より京阪電鉄大津線で運行されている。

車両外観の全面に、ヒロインの小鳥遊立花(たかなし りっか)ほか、富樫勇太などメインキャラクター6人の姿が描かれている。2両のうち1両はピンクを基調に、日常の高校生活バージョン。もう1両はブルーを基調に、 登場人物の妄想世界バージョンとなっている。乗車中でも楽しめるよう、車内も同様にラッピングされている。

アニメ「中二病でも恋がしたい!」は、京都アニメーションが2011年より発行するライトノベルの文庫レーベル「KAエスマ文庫」のテレビアニメ化作品。元・中二病で高校1年生の富樫勇太と、同学年で現役・中二病の小鳥遊六花を軸とした、コミカルで切ない学園ラブコメディだ。

アニメの中では、大津線の京阪石山駅、穴太駅や電車など、実在の駅周辺の風景をモデルとした背景が描かれている。またテレビ未放送の第1期エクストラエピソードには琵琶湖汽船「ミシガン」をモデルとした観光船も登場している。

「中二病でも恋がしたい!」ラッピング電車(YouTubeより)

4月26日からは特製乗車券(1日フリー乗車券×4枚)も発売される。乗車券は直径約28センチの円形サイズ台紙に収められ、アニメ作品に登場する沿線スポットが分かりやすく示されている。価格は1セット2000円。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ