緑レンジャーに一体何が...? 想像力をかきたてる「非常口アート」が話題に→誕生の経緯を聞いてみた

2020年8月 5日 20:00

思わず想像が広がってしまう...そんな非常口がツイッターで話題となっている。

どんな非常口なのかというと...

何があったの...?(画像はOVERALLs提供、編集部でトリミング)
何があったの...?(画像はOVERALLs提供、編集部でトリミング)

緑色に光る、見慣れた普通の非常口の誘導灯......かと思いきや、その隣には非常口のシルエットとは真逆の方向に、楽しげに歩いていく赤、ピンク、黄色、青の4人のイラストが描かれている。

その目元には黒い模様が入っていて、戦隊モノのヒーローたちのようだ。よく見ると、緑のシルエットの目元も同じように黒くなっている。

アートを主軸に事業を展開する会社・OVER ALLsの取締役、若島薫(@WakashimaKaoru)さんは2020年8月1日、自身のツイッターに、

「ミドリ、何かあったな。
なにがあったのだろう。。」

というコメントを添えてこの写真を投稿。

確かに、隣に描かれたイラストのためか、普段ならば単なるアイコンでしかない非常口の「ミドリ」の逃げる様子に、何だか哀愁を感じる...。

ツイッターでは、

「陽キャの四人が『まだまだ飲むぞーっ!』って気勢を上げているところを『もう付き合ってられん』と逃げるグリーン」
「金が足りなくてATMへダッシュか逃走か(笑)」
「妻から陣痛が来たという連絡が入ったんでしょう」
「『何か危険なことがあったとき、立ち向かうのではなく逃げることも大切だよ!』っていうメッセージにも見えました」

と、写真を見たユーザーが「ミドリ」の状況について様々な状況を推測する大喜利状態となった。

この非常口があるのは、OVER ALLsが運営するセレクトストア「OVER ALLs Store」(東京都目黒区)。

3日、Jタウンネットが若島さんにツイッターでの反響について感想を聞くと

「びっくりしました。想像や物語が広がり、面白いと思いました。
正解や不正解がなく、自由に想像をひろげられることが、アートの強みだと思っております」

とコメント。

それにしても、この非常口アートはどういった経緯で生まれたものなのか。

もっと詳しいことが知りたい......。そこでJタウンネットは4日、同社広報担当の池口茉里奈さんにも話を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ