ふるさと納税は「使い道」の時代へ? クラウドファンディングに「さとふる」が取り組む

2018年6月29日 11:00
提供元:さとふる

寄付金の使途がわかりやすくなる

08年から始まったふるさと納税では、納税額が14年ごろから急激に増加。16年度は納税額が2844億円で、14年度の7倍以上となった。この理由については、返礼品の充実やふるさと納税サイトの登場といったものがあがった。

さとふるの調査で「共感できる、応援したい寄付金の使い道があれば、ふるさと納税をしたいと思いますか」という問いでは、「すごく思う」「やや思う」と答えた人が83.6%となっている。

寄付金の使途は、具体的な目的のあるCFであれば、より明確化される。ネットの力を利用した寄付で、地方を一層盛り上げるための一助となるか。

<企画編集:Jタウンネット>

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ