坂戸市所蔵美術品展 現代版画の世界

2018年12月 5日 10:00

   本学がある埼玉県坂戸市は、現代を中心とした美術工芸品を所蔵しています。点数は凡そ151点で、内訳は、油彩画、日本画、版画、書等で構成されています。この度の展覧会では所蔵品の中から現代版画に焦点を当て、銅版画、リトグラフ、木版画作品合計44点を前期と後期に分けてご紹介します。前期では、現代銅版画の第一人者である中林忠良(1937-)の《転位》シリーズを中心とした1960年代から90年代前半までの銅版画13点と、中林に師事した東谷武美(1948-)のリトグラフ《日蝕》シリーズのうち1980年代から90年代の作品9点の計22点を展示。そして、後期では山本容子(1952-)、鈴木英明(1945-)、筆塚稔尚(1957-)の3人の銅版・木版画計22点を展示します。展示作品を通して、版画の持つ多様な表現世界をお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2018年11月3日(土) ~ 2019年1月26日(土)

会場

城西大学水田美術館

所在地

〒350-0295 埼玉県坂戸市けやき台1-1

インターネットミュージアム
埼玉県 最新記事
2019/1/18

ある日突然訪れる大切な人との別れ。そして訪れる葬儀。信仰の違いなどはあるが、日本で死者を送り出すとき、けっこうな確率であるのが焼香だ。 この焼香をめぐって...

2019/1/18

コーラ飲料の2大ブランドといえば、「コカ・コーラ」と「ペプシ」。味は微妙に違っていて、その好みは大きく分かれるはずだ。なかには、コカ・コーラしか飲まない、...

2019/1/17

突然だが、あなたは「鮭」をどう読んでいるだろうか。「サケ」なのか、それとも「シャケ」なのか。おにぎりやお弁当で考えてみてもいい。人によって、その読み方は分...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga4_80x80.jpg

○○の後は有明海を臨む露天風呂でほっこり

釣り

回転で流れて来た握りは...

小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ