坂戸市所蔵美術品展 現代版画の世界

2018年12月 5日 10:00

   本学がある埼玉県坂戸市は、現代を中心とした美術工芸品を所蔵しています。点数は凡そ151点で、内訳は、油彩画、日本画、版画、書等で構成されています。この度の展覧会では所蔵品の中から現代版画に焦点を当て、銅版画、リトグラフ、木版画作品合計44点を前期と後期に分けてご紹介します。前期では、現代銅版画の第一人者である中林忠良(1937-)の《転位》シリーズを中心とした1960年代から90年代前半までの銅版画13点と、中林に師事した東谷武美(1948-)のリトグラフ《日蝕》シリーズのうち1980年代から90年代の作品9点の計22点を展示。そして、後期では山本容子(1952-)、鈴木英明(1945-)、筆塚稔尚(1957-)の3人の銅版・木版画計22点を展示します。展示作品を通して、版画の持つ多様な表現世界をお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2018年11月3日(土) ~ 2019年1月26日(土)

会場

城西大学水田美術館

所在地

〒350-0295 埼玉県坂戸市けやき台1-1

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
20190326jtown1.jpg

半年の改築を経て、生まれ変わった城をめぐってみませんか?

20190313touden1.jpg
20190222koshiduka_b.jpg

駅が約100年前の姿を取り戻した! 今こそ遊びに行こう。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ