久富邦夫<佐賀> | 創造の旅

2016年11月15日 10:00

   「身の回りで心が動いたものをかいているだけですよ。」 佐賀師範学校、佐賀大学教育学部で教鞭をとった洋画家、久富邦夫(1912-2010)は、身近にある風景や民族芸能を題材に、一心不乱に絵を描き続けました。一見すっきりとみえる構図や色彩ですが、その作品は私たちをどこか異国のような世界観に引き込みます。 今春開催した「久富邦夫〈東京〉-太宰と出会った修業時代」では、若き日の交友を軸に前半生を辿りました。第二弾となる本展では、戦後、佐賀での後半生にスポット当て、昭和30年代の作品から絶筆となった「しあわせなら手を(2009)」まで、作風の変遷がわかる作品を紹介いたします。風景などのスケッチ、佐賀の画壇での活動に関する資料、制作の秘密を語るエスキースなど、遺族のもとに残された膨大な資料の中から厳選した約50点を公開します。

イベント詳細ページへ

会期

2016年11月25日(金) ~ 2017年3月25日(土)

会場

佐賀大学美術館

所在地

〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町本庄1番地

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ