ミュージアム情報 佐賀県

ミュージアム情報

2018/12/7

吉岡徳仁は、デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な着想と実験的な創作から生まれる作品により、世界に影響を与える創り手の一人として多数のデザイ...

2018/10/23

江戸庶民の生活や風俗をはじめ、人気の役者や名所旧跡を描いた「浮世絵」は、日本が世界に誇る芸術であり、現代に至るまで多くの人々を魅了し続けています。個性を競...

2018/8/10

現代日本を代表する佐賀出身の三人のアーティストの共演。わずか1mmに満たないペン先から壮大な世界を描き出す画家池田学独自の世界観による細密描写とインスタレ...

2018/7/18

佐賀大学地域学歴史文化研究センターと佐賀大学美術館の共同開催で特別展「幕末の佐賀と学問―明治維新への道」を開催します。 幕末の日本では学問が大きく発展し、...

2019/6/19

浮世絵版画は17世紀後半、菱川師宣が版行した墨摺の一枚絵から始まり、やがて墨摺の主版に手彩色した丹絵や漆絵、紅絵、主版に紅と草色を摺り重ねた紅摺絵へと発展...

2019/6/19

「ねこ休み展」は、2015年夏の初開催以降、60万人以上の来場者を動員、TwitterやInstagramで人気を集める有名猫も数多く登場し、出展者のSN...

2019/6/19

実施日:2019年7月19日(金)・7月20日(土)・7月26日(金)・7月27日(土)・9月6日(金)・9月7日(土)・9月13日(金)・9月14日(土...

2019/6/19

年に数度の休日見学イベントを開催します。亀の瀬地すべりの歴史、メカニズム、対策工などについてパネル・模型等で説明したのち、対策工現場を見学。 続いて昭和7...

2019/6/19

照らす光でその姿を現す「光の切り絵」。その生みの親である酒井敦美氏の作品は、あっと驚かせるインパクトに富んだ切り絵でありながら、見た人のこころをほっこり温...

2019/6/18

神奈川県横浜市の縄文時代晩期の遺跡「杉田遺跡」について紹介しています。明治大学博物館常設展示室考古部門内にて。※小規模展示ですので、他の展示と併せてお楽し...

2019/6/18

1 主旨 人と自然の博物館には、日本や世界の各地で採取された鉱物・岩石の標本が多数収蔵されています。その中には、見事な形や色彩をもつ鉱物の結晶、閉山あるい...

2019/6/18

本展は、“平成”、“東京”、そして“スナップ”をキーワードに、さまざまな世代の写真家たちが平成の東京を舞台に生み出した写真作品、約100点を展示します。そ...

2019/6/18

2017年、Bunkamuraザ・ミュージアムで日本初の回顧展を開催し、大きな話題を呼んだ写真家ソール・ライター。1950年代からニューヨークで第一線のフ...

2019/6/18

浜口陽三(1909-2000)は、20世紀を代表する版画家の1人です。1950年代にフランスに渡り、カラーメゾチントという新しい銅版画の技法を編み出し、世...

2019/6/18

毎年7月の最終土曜日に行われる隅田川花火大会。 隅田川花火は、江戸時代の船遊びで花火を楽しんだことに始まり、納涼花火や川開花火から「両国川開大花火」へ発展...

2019/6/18

玄関で出迎える水彩画、リビングに飾られた油絵、和室にたたずむ彫刻……。〈プライベート・コレクション展〉は、ふだん誰かの自宅で飾られている美術作品が集う展覧...

2019/6/18

ちょっと心がくすぐられる、生命感あふれる有機的なフォルムの作風で知られる高橋秀(1930-)は広島県福山市で生まれ、1961年に安井賞を受賞しました。藤田...

2019/6/18

「檀会(まゆみかい)美術展」は、資生堂ギャラリーが1950年から1968年まで主催した、洋画と彫刻によるグループ展で、日本における美術評論の草分けであり、...

2019/6/18

鴉や鳩をモチーフとした「道標」シリーズや「犬の唄」と題された女性立像などで知られ、戦後日本の具象彫刻界をけん引してきた彫刻家・柳原義達(やなぎはら・よした...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ