ミュージアム情報 佐賀県

ミュージアム情報

2018/12/7

吉岡徳仁は、デザイン、アート、建築など幅広い領域において、自由な着想と実験的な創作から生まれる作品により、世界に影響を与える創り手の一人として多数のデザイ...

2018/10/23

江戸庶民の生活や風俗をはじめ、人気の役者や名所旧跡を描いた「浮世絵」は、日本が世界に誇る芸術であり、現代に至るまで多くの人々を魅了し続けています。個性を競...

2018/8/10

現代日本を代表する佐賀出身の三人のアーティストの共演。わずか1mmに満たないペン先から壮大な世界を描き出す画家池田学独自の世界観による細密描写とインスタレ...

2018/7/18

佐賀大学地域学歴史文化研究センターと佐賀大学美術館の共同開催で特別展「幕末の佐賀と学問―明治維新への道」を開催します。 幕末の日本では学問が大きく発展し、...

2018/5/9

水田・水路に棲む生きもについてのトーク、水田ツアー、川の生きもの観察と、「水田水路の生きもの」漬けの1日をお届します!トークでは水田水路に棲む生きものたち...

2018/4/10

平成29年度に寄贈いただいた作品を紹介する「新収蔵品展」を開催します。本展では,大正から昭和にかけて旧制佐賀中学で教鞭をとり,教養教育にも尽力した田中宗一...

2018/4/10

戦後,不足した実技教科の教員を養成するため本学に設置された特別教科教員養成課程(美術・工芸),通称“特美”。当館は平成25年のオープン以来,“特美”で美術...

2018/3/28

幕末・明治維新期を中心に現代までの佐賀の美術家の名品を「美」・「技」の2つのテーマで紹介します。「美」をテーマにした展示では、近代洋画界をリードした百武兼...

2018/3/28

幕末・明治維新期を中心に現代までの佐賀の美術家の名品を「美」・「技」の2つのテーマで紹介します。「美」をテーマにした展示では、近代洋画界をリードした百武兼...

2017/10/31

 女性は芸術作品のモティーフとして多様に表現され、同じ対象でありながらも、造形や色彩、肌あいなどから醸し出される印象はまったく異なります。佐賀大学美術館で...

2017/7/7

文明開化を迎えた明治期、西欧から移入された「西洋の絵画」に対して、我が国の伝統的な絵画表現を受け継ぐものとして、「日本画」という言葉が生まれました。時代の...

2017/7/4

中冨記念くすり博物館に所蔵されている「田代売薬関連資料」が平成28年4月に佐賀県の重要有形民俗文化財に指定されたことをうけ開催されている企画展です。イベン...

2017/6/13

平成28年度、佐賀大学美術館に寄贈いただいた作品と資料の一部による新収蔵品展です。緒方敏雄(彫刻)と久富邦夫(洋画)は佐賀大学開学当初からの美術を教え、「...

2016/11/15

「身の回りで心が動いたものをかいているだけですよ。」 佐賀師範学校、佐賀大学教育学部で教鞭をとった洋画家、久富邦夫(1912-2010)は、身近にある風景...

2016/8/6

平成27年度佐賀大学美術館新収蔵品の中から、佐賀大学の黎明期に工芸分野で教鞭をとった旧教員の作品を紹介します。佐賀師範学校から佐賀大学へ、染織の伝統に道を...

2016/5/28

日常を豊かに彩る、佐賀の芸術文化。近代社会でその土台を支えたのは、技術や知識を獲得し次世代に伝えた美術教師たちでした。いつの時代も様ざまな「師」との出会い...

2016/3/23

 穏やかな色彩に包まれた人物画で知られ、佐賀大学の黎明期に西洋画を教えた画家・久富邦夫。 このたび、遺族のもとに残された作品・資料の調査を行う中で、これま...

2016/2/5

佐賀藩の初代藩主 鍋島勝茂(なべしま・かつしげ)の五女「長姫(ながひめ)」(1623~1686)が主人公です。長姫は、深溝(ふこうず)松平家6代当主で島原...

2016/1/27

本展覧会では、戦前の朝鮮半島で文化財調査に携わった小川敬吉(おがわ・けいきち)の資料を初めて一堂にご紹介します。小川敬吉(1882-1950年)は、朝鮮総...

2015/12/23

古来より八百万に神を感じて生きてきた私たち日本人は、自然の神羅万象に美を見出し、詩に詠み、絵を描いてきました。涼をとるための扇、床の間に飾る掛軸、詩を詠ん...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報
小倉城

食の魅力もいっぱい!市政55年を迎えた北九州市を紹介

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ