ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

Celonis、業務オペレーション効率化の新時代を到来させる

2021.10.07 11:00

製品の革新、買収、パートナーシップを通じて業務オペレーション効率化の可能性を広げる

Celonis、業務オペレーション効率化の新時代を到来させる ~製品の革新、買収、パートナーシップを通じて業務オペレーション効率化の可能性を広げる~

(本リリースは 2021年10月5日に発表されたリリースの抄訳をベースにしていますhttps://www.celonis.com/press/worldtour21-pr/)

[米国ニューヨーク州、独ミュンヘン - 2021年10月5日(現地時間)発] — Execution Management(業務実行管理)のグローバルリーダーであるCelonis(セロニス)は本日、業務オペレーション効率化の展望を広げ、世界中のあらゆる組織がデータに基づいて業務効率化を実行できるようにするため、データ、インテリジェンス、アクションへの一連の投資を発表しました。

これらの発表には、急成長中のストリーミングデータ業界のパイオニアであるLenses.ioの買収、ビジネスプロセス全体にインテリジェンスを提供する画期的な技術であるCelonis Execution Graphの発表、複雑な受注管理プロセスをシームレスに自動化するために、販売注文の自動化のリーダーであるConexiom社との戦略的パートナーシップの締結計画などが含まれます。

Celonisの共同創業者兼共同CEOのAlex Rinkeは次のように述べています。「企業は、クラウドとオンプレミスの両方で、デバイス、アプリケーション、データプールを介して、ますます多くのデータを収集しています。しかし、企業は、利用可能なデータのごく一部しか活用できていません。そのために我々はCelonis EMS(Execution Management System)を構築し、今日、我々のプラットフォームの3つのコアピラーであるデータ、インテリジェンス、アクションに画期的なイノベーションを導入することで、業務オペレーションの効率化を次のレベルに引き上げます」と。

データ活用の必須条件 : データ、インテリジェンス、そしてアクション

何十年もの間、データは主にデータ分析のために使われてきましたが、行動を促すためには十分に活用されていませんでした。データの海がどんなに大きくなっても(2020年には64ゼタバイトが生成されると言われています)、ビジネスリーダーの中で自分のチームが定期的にデータを使って意思決定を行っていると答えられるのは10人に1人だけです。Celonisは、この問題に取り組み、データを大規模に活用するために、一連の投資、イノベーション、パートナーシップを実行してきました。

Celonis社がLenses.ioの買収を実行

リアルタイムストリーミングデータは、メディア、通信、輸送、遠隔測定、気象、環境システムなどの動的なソースから継続的に生成されます。ストリーミングデータは、ビジネスプロセスにとって革命的なものであり、刻々と変化する市場や顧客の期待に応えるために、企業がその場で適応できるかどうかを左右するものです。

例えば、製品がいつ、どのように作られ、提供されるかは、天候や原材料の入手状況、さらには社会や政治の動向など、無数のリアルタイム要因に影響されます。ストリーミングデータをCelonis EMSに組み込むことで、このようなミリ秒単位のビジネス環境の変化に対応することができます。

CelonisがLenses.ioを買収したのは、このリアルタイムデータをビジネスに活用するためです。Lenses.ioが登場する以前は、リアルタイムのストリーミングデータは、Apache Kafkaのような歴史的に使いにくいフレームワークを利用するため、日々の業務に適用することは非常に困難でした。Lenses.ioは、この問題を解決するために、どんな企業でもミリ秒単位で大規模に生成されるストリーミングデータを簡単に利用できるシステムを構築した先駆者です。

Lenses.ioの創設者兼CEOのAntonios Chalkiopoulos氏は次のように述べています。「消費者は、フライトに間に合うように家を出るタイミングを通知してもらうなど、あらゆるアプリケーションからリアルタイムの情報やパーソナライズされた体験を期待しています。私が本当に興奮したのは、Celonis EMSにストリーミングデータを適用できる可能性があることです。企業がデータを利用する方法は、私たちの日常生活でデータが行動を促すのと同じくらいシンプルであるべきだと確信しています」と述べています。

Lufthansa CityLine社のプロセスデジタル化担当マネージャーMaximilian Hoffmann氏は、「コアビジネスプロセスを瞬時に実行することは、当社にとって大きなチャンスです」と述べています。「Celonis EMSはこの能力の中核を成しており、Lensesはリアルタイムデータを効果的に活用し、それに基づいて行動を起こし、瞬間ごとにプロセスを改善する能力を提供してくれます」。

「Execution Graph」でプロセスインテリジェンスのブレークスルーを実現

ビジネスにおける最も困難な課題の一つは、プロセス間の複雑なつながりを理解し、効果的に行動することです。すべてのシステム、すべての部門、そして最終的にはすべてのサプライヤーにおいて、プロセスがどのように影響し合っているかを完全に把握することは、業務実行管理の次の進化につながります。

過去10年間に蓄積されたプロセスに関する知見やデータをもとに、Celonisはマルチシステム環境におけるイベント、依存関係、プロセスの関係性を結びつける方法を解明しました。

Celonis Execution Graphと呼ばれるこの画期的な手法により、企業は初めて、相互に接続されたプロセスエコシステムの真の姿を知ることができます。Celonis Execution Graphは、プロセスやデータを追加することで、より強力になり、お客様のビジネスに固有のものになります。Celonis Execution Graphには、2つのユニークな技術革新が採用されています。

・Celonis Multi Event Logでは、相互に接続されたプロセスを可視化し、クロスプロセスのドリルダウンを行うことで、あるプロセスのボトルネックとなる点が他のプロセスに起因することを特定し、ピンポイントで指摘することができます。
・Celonis Signal Linkは、企業が異なるプロセスのイベントを接続し、企業内の部門や組織を超えたこれまでにない可視化を可能にする新しい機能です。

Celonis Execution Graphは、10年前の先駆的なプロセスマイニングと同じ規模の画期的なものです。Celonisの共同創業者兼CTOのMartin Klenk,は次のように述べています。「新しいCelonisの " 閃き"は、プロセスがどのように相互作用し、互いに影響し合うかを理解することであり、それにはCelonis Execution Graphが必要です。「納品が遅れてお客様を不愉快にしてしまうような、よくある状況を想像してみてください。この問題の原因は、受注管理プロセスにあるのでしょうか?出荷や在庫のプロセスでしょうか?または、調達や生産でしょうか?上記のすべての組み合わせでしょうか?Celonis Execution Graphはこれらの疑問に答えてくれます。」

ABB社のアドバンスドプロセスアナリティクス担当副社長のHeymen Jansen氏は、「Celonisの新しいSignal Link機能を使用して、サプライチェーン全体をよりよく可視化することで、初期段階で非常に有望な結果が得られました」と述べています。「新しいCelonis Execution Graphが私たちのいくつかのビジネスにもたらす可能性に非常に期待しています。この次のレベルの技術は、当社のグローバルなオペレーションネットワーク全体でプロセスパフォーマンスの向上をダイナミックに推進するためのエキサイティングな新機能を可能にします」と述べています。

「昨年、私はエンタープライズ・ソフトウェアの次の戦いは、ソーシャルグラフに相当するビジネスグラフの作成であると書きました」と、Constellation Research社の創業者であるR “Ray” Wang氏は述べています。「組織は、ユーザー、ドキュメント、ビジネスプロセス、コンテクストデータの関係性を考慮することで、業務実行能力を向上させることができます。これは、ビジネスプロセスとオペレーションの全体像を理解する上で、飛躍的な進歩となるでしょう」と述べています。

Celonisは、業務実行管理のエコシステム全体でインテリジェントなアクションを可能にします。

現実世界のプロセスは、さまざまなユースケース、バリューチェーン、業界において、複数のアプリやシステムと共存し、相互に影響しあっています。そのため、Celonisを適用してお客様の問題を解決するためには、ドメインと技術の両方の専門知識を持ったエコシステムが必要です。

Celonisが最適化を支援する最も重要なプロセスには、Order-to-CashとProcurement-to-Payがあります。Celonisは、セールスオーダーオートメーションのグローバルリーダーであるConexiomとの提携を発表し、Celonis EMSの新製品として「Touchless Order Capture」を発表しました。この製品により、ConexiomとCelonisは、顧客が注文管理プロセスを最適化できるよう、最善の技術を結集します。

今回の発表内容を含め、最新の日本の事例セッションを含めたイベントを10月12日に開催致します。是非ご参加ください。

<Celonis World Tour 2021 - Japan>
開催日時:2021年10月12日(火曜日)13:00-18:20
開催形態:Webによるストリーミング配信(参加無料、登録制)

https://www.celonis.com/jp/world-tour/japan から今すぐ登録、お申し込みください。

Celonisについて

Celonisは、すべての企業がプロセスマイニング技術を使うことで、既存システムに手を加えることなくデータを連携させて業務オペレーション効率(Execution Capacity)を最大化させることができると信じています。市場をリードするプロセスマイニングエンジンを搭載した「Celonis EMS」は、Celonis Execution Instruments、Celonis Execution Apps、Celonis Studio、プラットフォーム機能のセットを提供します。CelonisのEMS製品は、分析から戦略・計画、管理、アクション、自動化に至るまで、実行管理のあらゆる側面を支援します。

Celonisは、Asea Brown Boveri(アセア・ブラウン・ボベリ)、AstraZeneca(アストラゼネカ)、Bosch(ボッシュ)、Dell(デル)、GSK(グラクソ・スミスクライン)、John Deere(ジョン ディア)、L'Oreal(ロレアル)、Siemens(シーメンス)、Uber(ウーバー)、Vodafone(ボーダフォン)、Whirlpool(ワールプール)など、数千社のお客様にご利用いただいています。Celonis はドイツミュンヘンと米国ニューヨークに本社を置き、世界15拠点でオフィスを展開しています。

© 2021 Celonis SE.すべての著作権はCelonis SEに帰属します。CelonisおよびCelonisの "droplet "ロゴは、ドイツおよびその他の国・地域におけるCelonis SEの商標または登録商標です。その他のすべての製品名および会社名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

共同通信PRワイヤー
Jタウンネットトップへ
PAGETOP