ココからあなたの
都道府県を選択!
全国
旅先いい話
家族
あの時はありがとう
グルメ
地域差・ランキング

「歯数とアルツハイマー型認知症との関連」で 日本歯科総合研究機構が論文を発表

2021.05.27 16:00

令和3年5月27日(木)配信
公益社団法人日本歯科医師会

 

「歯数とアルツハイマー型認知症との関連」で 日本歯科総合研究機構が論文を発表

 
日本歯科総合研究機構(機構長:堀 憲郎)はこのほど、恒石美登里・主任研究員を中心にNDB第3者提供データを用いた「歯数とアルツハイマー型認知症との関連」について、英語論文を発表し、雑誌「PLOS ONE April 30, 2021(オンラインジャーナル)」に掲載されました。概要は次のとおりです。

1.発表者
恒石美登里(日本歯科総合研究機構)、山本龍生(神奈川歯科大学)、
山口武之、小玉 剛、佐藤 保(以上、日本歯科医師会)

2.論文の結論
2017年4月に歯周炎または歯の欠損を理由に歯科受診した60歳以上の患者、それぞれ401万名、66万名を対象として、アルツハイマー型認知症病名の有無との関係を検討した。その結果、性・年齢の影響を統計学的に除外しても、歯数が少ない者、欠損歯数が多い者ほどアルツハイマー型認知症のリスクが高いことが明らかとなった。

3.結果
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105255335-O3-6A15NX62

4.発表雑誌
雑誌名:PLOS ONE April 30, 2021(オンラインジャーナル)   
      https://doi.org/10.1371/journal.pone.0251056
論文タイトル:Association between number of teeth and Alzheimer’s disease using the National          Database of Health Insurance Claims and Specific Health Checkups of Japan

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105255335-O4-F3k3TlsW】【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202105255335-O5-Kl5KOXng】   
日本歯科医師会 PRキャラクター


共同通信PRワイヤー
Jタウンネットトップへ
PAGETOP