年間10000時間の業務削減に? 広島市が「議事録AI」を導入した合理的すぎる理由

2019年10月13日 21:00

[みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2019年10月2日放送の「徹底ツイキュウ!なるほどニュース」のコーナーでは、市が導入した議事録作成用のAIについて紹介していました。

広島市では毎年議事録が必要となる会議は3843回行われ、会議時間は4997時間も費やしているということです。

その内容を手作業で文字に起こすには3倍以上の時間がかかっています。作業の効率化を図ろうと、AIが導入されました。

AIで大幅な業務削減
AIで大幅な業務削減

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ