限定御朱印の授与「しばらく止めます」 メルカリ転売で苦渋の決断...宮司の思いを聞いた

2020年6月29日 17:10

御朱印転売、対策は?

別所さんは雨ふり御朱印が出品されたことに対し、

「お参りした証ですので、ご参拝いただいてお受けいただきたいと思います。これはどこの社寺さんも同じだと思います。お参りせずして御朱印を頂いても、やはり意味がないんじゃないかと思います」

としている。雨ふり御朱印には「恵みの雨」「清めの雨」という意味が込められているとのことだ。

ツイッターでは、転売対策として御朱印帳に直接書く「直書き」のみにするといった方法も提案されている。

しかし別所さんによれば、待ち時間が増える、対応しきれない場合が出てくる可能性があることから、すべての御朱印を直書きにするのは難しいとのこと。「名前を書く」という案もあるが、出品する際に消されてしまうため、対策のしようがないようだ。

雨ふり御朱印(画像は少彦名神社公式サイトより)
雨ふり御朱印(画像は少彦名神社公式サイトより)

雨ふり御朱印の授与再開日は未定。別所さんは投稿が話題となったことについて、

「こんなに反響があるとは思っていませんでした。できましたら当社以外の社寺さんも、そういうこと(転売)があると思うので、今後ないようにしていただきたいです」

と話している。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ