「スルッとKANSAIなくなったら生きていけない」

2014年10月 7日 17:29

2014年10月6日、関西の私鉄で使われている磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」が、2年から3年後、廃止されるというニュースが、読売新聞から報道された。JR西日本のIC乗車券「ICOCA」や、私鉄系「PiTaPa」の導入により、発行枚数が急激に減少したことが主な原因という。

これを受けて、ネットは騒然となった。ツイッターに寄せられた声を紹介しよう。

衝撃を受けた「スルッとKANSAI」使用者の声は切実だ。

「ICOCA」や「PiTaPa」とは別に、新たなICカードをつくる見込みとの報道もあり、さまざまな憶測も飛び交う。

「スルッとKANSAI」ファンは多いようだ。

この際、「ICOCA」に統一したら、という大胆な意見も出る。

「スルッとKANSAI」ファンは、メモリアルカードのことも気になるらしい。

ツイッターには悲哀に満ちた声が届く。

「スルッとKANSAI」ファンの声は、悲しく響くのみ......。

阪急電鉄改札口(m-louisさん撮影,Flickrより)
Hankyu*examination
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ