紅しょうがの天ぷら、食べる? 食べない?【都道府県別投票】

2018年2月 6日 14:00

赤くて大きな「紅しょうがの天ぷら」、大阪ではデパートやスーパーのお総菜売り場や居酒屋メニューなどでよく見かける。

そのルーツは定かではないが、梅酢を捨てるのがもったいないと、しょうがを漬けて保存食にしていたが、それを揚げて天ぷらに活用したのが始まりだと伝えられている。大阪ならではの「始末」、つまり「もったいない精神」から生まれたと解釈できる。

天ぷら盛り合せ、赤いのは紅しょうが(Nori Norisaさん撮影、Flickrより)
「豊丸」天麩羅盛り

おかずというよりはおやつ感覚で、ビールのおつまみに「めっちゃ合う」と人気が高い。しかもソースをかけて食べるのが一般的だ。「紅しょうがの天ぷら」はソースをかけて食べるのが、ハイカラな食べ方として大阪の庶民の間に広まったようだ。

大阪では人気の「紅しょうがの天ぷら」だが、全国ではいったいどうなのだろう。その境界線はどの辺りなのだろうか。

Jタウン研究所では、「紅しょうがの天ぷら、食べる? 食べない?」について、アンケート調査を試みたいと思う。地域によってどんな違いがあるだろうか?

そこで、読者の皆様にご質問。

紅しょうがの天ぷら、食べる? 食べない?

投票の結果は、Jタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ