手袋、西日本は「はめる」、東日本は「する」、「はく」のは北海道...だけではなかった?

2018年1月19日 06:00

北海道では「手袋をはく」という言い方が一般的だという。2011年の国立国語研究所の調査によると、幅広い世代で7割以上が「手袋をはく」を使っていたとのこと。

一方、「手袋」の字を引くと、広辞苑では「手袋をはめる」という言い方が出てくる。Q&Aサイトなどを見ると、関東などでは、「手袋をする」「手袋をつける」も普通に使われているようだ。

そこでJタウン研究所は、「手袋を使うときは、何と呼ぶ?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総投票数1031票、2017年11月29日~2018年1月15日)。はたして、その結果は――。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ