石川県民も意外と知らない「加賀」と「能登」の境界線

2015年11月 8日 07:06

天気予報はどこで分けている?

天気予報ではよく「加賀地方」、「能登地方」の天気に分かれているので、金沢気象台ではどこを境目としているのか調べてみました。

気象台では、気象特性、災害特性、地理的特性により、宝達志水町までを能登、かほく市、津幡町からを加賀というふうに分けているそうです。

国境の街・かほく市(siiさん撮影、Flickrより)
川@石川県かほく市

加賀は山地で積雪が多く、能登は日本海に突き出し季節風の影響を受けやすいのです。その差が顕著に現れるのが冬で、能登の平均降雪量は201cm、冬日は47.1日に対し、加賀の降雪量は281cm、冬日26.2日というデータがあります。

同じ石川県でも結構違いがあるのですね。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ