ネットの恒例誤読「スク水揚げ」の歴史を検証してみた

2015年8月17日 17:28

もはや毎年恒例――。今年もまた「スク水揚げ」のニュースがネットを大いに騒がせた。

大漁の「スク水揚げ」?画像はイメージです(fukaponさん撮影、flickrより)
旧スクって現役なのね

話題になっているのは、2015年8月13日に配信された「奥武島でスク水揚げ 『ウミンチュへのボーナス』」という沖縄タイムスの記事だ。沖縄の高級魚「スク」という魚の水揚げを、「スク水(スクール水着)」の何かと勘違いしてしまう男性ユーザーが多く、「これはなんだ?」と毎年ネットで大きな話題を集める定番のネタになっている。沖縄以外ではスクという魚にあまりなじみがないこともあるようだ。

「スク水揚げ」を見出しにとった記事は、2013年から沖縄タイムスと琉球新報の2社から毎年7月から8月にかけてアップされている。今年で3回目を迎え、ネット上の反応も「今年もスク水揚げの季節ですか...」「毎年このニュースに釣られてる気がする」といったものがほとんどになってきた。

多くのユーザーは、漁業というよりネット上の「恒例行事」としてこのネタを楽しんでいるようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ