意外に多い「冷奴はからし」派...石川中心に中部~関西で人気

2014年9月12日 11:00

日本豆腐協会のウェブサイトによると、庶民が豆腐を食べるようになったのは江戸時代中期以降で、醤油とともに広まったという。

冷奴(ひややっこ)の薬味といえば、おろし生姜(しょうが)というのが一般的だ。ところが、しょうがではなく辛子(からし)としょう油で冷奴を食べる地域がある。これは特定の地域に限ったことなのか、それとも全国的な現象なのか。

Jタウンネットでは2014年7月4日から9月8日までの約2カ月間、「冷奴は『からし派』それとも『しょうが派』?」というテーマでアンケートを実施したところ、全国から1445人に投票いただいた。

選択肢は「しょうが」「からし」「どちらも!」「その他」の4つ。
全国総計で見ると、「しょうが」の得票率が75.6%と圧倒的で、「からし」は8.0%しかなかった。このほか「どちらも!」は6.8%で、「その他」は9.6%にとどまった。

town20140910hiyayakko_nihonmap00.jpg

47都道府県中、石川を除く46都道府県はすべて「しょうが」が得票率1位。宮城・秋田・山梨・島根・徳島・香川・宮崎・沖縄の8県は「しょうが」しか票が入らなかった。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ