JRダイヤ改正で「Maxとき315号」消える NGT48初期の名曲、ファン「寂しすぎる」

2019年3月15日 18:00

NGT初期の思い出深い曲

3月15日限りで、上越新幹線からMaxとき315号の名前が消える。東京10時16分発の新潟行きのこの列車、NGT48の同タイトル曲「Maxとき315号」で知名度を大いに上げた。

この曲はメンバーの澄んだボーカルや清新なメロディーラインが印象深い。「AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2017」でも1位を獲得しファンの評価は高く、NGT48初期の良曲といえる。

16日以降、Maxとき315号は車両がE7系に変わり、とき315号に置き換えられるので、こちらでも名残を惜しむアイドルファンと鉄道ファンが東京から新潟まで各地で列車を追いかけていた。

駅は大月だけど、8時ちょうど

3月16日ダイヤ改正ではもう1本、名曲にゆかりある列車が変わる。中央本線の特急あずさ2号。兄弟フォークデュオ・狩人の最大のヒット曲が「あずさ2号」で、「8時ちょうどのあずさ2号で......」というサビのフレーズはあまりにも有名だ。

楽曲がヒットしたのは1977年で、当時のあずさ2号は確かに新宿を8時に発車する白馬行きだった。ところが翌78年10月のダイヤ改正で、「あずさ2号」の番号は上り甲府発の列車に割り振られ、発車も甲府発7時35分で8時ちょうどですらなくなった。

その後にあずさ2号は列車自体が消滅した時期があったが、04年3月に松本発の上り列車で復活。16年3月ダイヤ改正で大月駅の平日の発車時刻が8時に設定されたことで、8時ちょうどに発車するあずさ2号が約40年ぶりにできたというわけである。

歌の中では信州に向かう列車、今走る列車は東京行きとはいえ歌詞と同じ組み合わせを見ることができていた。

そのあずさ2号がこの19年3月16日のダイヤ改正で大月駅通過となるため、列車自体は残るが、8時ちょうどの発車は3年で見納めとなる。最終日は今日3月15日ということで、大月駅で写真を撮ったり、記念乗車したりといったファンの報告が多く見られた。

これからも鉄道に縁がある新曲が生まれれば、そのたびにこんな光景が展開されるかもしれない。

Jタウンネット編集部・大宮高史

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ