ミュージアム情報 岡山県

ミュージアム情報

2018/10/25

古来よりお守り刀は、多くの職方の手を渡って製作されてきました。その一口が完成するまでに、作刀・刀剣研磨・木工芸・金工芸・漆芸・組紐といった日本伝統美術工芸...

2018/10/4

三瀬夏之介は、芸術とは何か、日本とは何かという深く大きな問いかけをベースに、和紙に墨といった日本の伝統的な素材を用いた絵画作品を手がけます。今や日本各地の...

2018/9/22

明治から昭和にかけて活躍し「憲政の神様」と称された犬養毅(号 木堂)と昨年亡くなられた木堂の孫で評論家として、また様々な難民問題に積極的に取り組んでこられ...

2018/9/19

文化庁 平成30年度地域と共働した美術館・歴史博物館創造活動支援事業古代オリエントを楽しむ 粘土で作ろう!トンボ玉ガラスを熱しながら作られた古代のトンボ玉...

2018/9/19

本展は、平安時代末から室町時代後期に栄えた珠洲焼を珠洲市立珠洲焼資料館所蔵品によってたどると共に、古代・中世に源流を持つ六古窯の背景を語る資料も展示、窯・...

2018/9/11

有史以前から人類は珍しく希少な石を嗜好し、ビーズやペンダントとして身に着けてきました。その中でも半透明で赤く輝く紅玉髄と呼ばれる石は、時代、地域を問わず広...

2018/9/11

わたしたちの祖先が、およそ10万年前に生み出して以来、世界の広範な地域で使用されているビーズ。人とのかかわりは「つなぐ」「かざる」「みせる」の三つに大別さ...

2018/9/8

ビーズとは、「さまざまな部材をつなげたもの」です。人類は、石や金属、ガラス、骨や歯、貝やサンゴ、魚の鱗や虫、植物の実、あらゆるものに穴を開け、紐で繋いだビ...

2018/9/5

猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)では、恒例の「秋の縄文野焼き祭り」を開催します。世界最古級の土器文化『縄文』は1万5千年以上前の日本列島に生まれ、造形美と...

2018/9/4

日本では、職人による分業体制で制作される浮世絵という木版画の伝統がありましたが、明治維新以降、西洋文化に触れるなかで、近代的な美術表現としての版画制作が追...

2018/8/23

1998年に大販で結成されて以来、関西を中心に国内外で活躍する芸術家3名のアート・ユニツト「UNEASINESS(アンイージネス)」。2001年からはじめ...

2018/8/21

四季折々の情景や自然の趣、恋情や別れの哀しみを歌に詠み、溢れる心情を交わした平安時代。貴族社会において和歌は教養であり、社交に華を添える大切な手段でした。...

2018/8/7

本展では、廬山に着目し、現代作家による新たな視点を加え、山水画の魅力をご紹介します。1958年岡山県生まれの画家・山部泰司は、1980年代に関西ニューウェ...

2018/8/3

わが子をわが手に授かる感動。母なる大地から氷雪を割って野草木と鳥獣虫魚の豊饒なる生命湧き立つアイヌモシリ。縄文造形家・猪風来は1986年から北海道の大自然...

2018/7/25

木版画の技法を使って独自の世界観を版画や立体作品で表現。木と和紙と水の力を借りて自由でエネルギー溢れる創造性豊かな作品を表現し続ける。ひとつひとつ彫り留め...

2018/7/4

備前国は、平安末期から日本刀の生産地として長い伝統と歴史があり、その時々に数々の名工が生まれたことにより、日本刀の一大生産地として名をはせました。今回の展...

2018/6/27

今年もやります! 3日間の期間限定特別コーナー!展示品のデザインを用いた台紙に彩色して缶バッジを作ります。日 時 2018年 8月14日(火)、8月15日...

2018/6/26

日 時 2018年8月25日(土) 13:30-16:00 ※終了時間は前後する場合がございます。会 場 岡山市立オリエント美術館地下講堂講 師 麻生 弥...

2018/6/26

1991年のソ連邦崩壊以後、かつてシルクロードの舞台だったユーラシア諸地域は、未曾有の政治経済的変容を受けてきました。冷戦下、閉ざされていた東西の学術交流...

2018/6/20

2002年、箱根に開館したポーラ美術館は、印象派を中心とした西洋絵画、近代日本の洋画や日本画、ガラス工芸や東洋陶磁など、約1万点におよぶ国内最大級のコレク...

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ