鯖江には「飲めるメガネ」が実在した! 見た目シュールな「めがねこんぶ茶」に反響

2019年6月18日 06:00
お湯を注ぐと、めがねが現れる(画像提供:丸松茶舗、以下同)
お湯を注ぐと、めがねが現れる(画像提供:丸松茶舗、以下同)

福井県鯖江市といえば、「めがねのまち」としてあまりにも有名だ。

福井県はメガネフレームの国内生産シェア96%を占め、鯖江市は一大産地として知られている。この鯖江市で、2019年6月8日と9日に開催された「めがねフェス2019」で販売されていた「あるモノ」が、いま話題となっている。

それは、上の写真のとおり、めがねをかたどった「めがねこんぶ茶」だ。ただのこんぶ茶ではない。しわくちゃになったこんぶにお湯をかけると、あれよあれよという間にめがねの形が出現するという。形状記憶合金ならぬ、形状記憶こんぶ......? しかも梅入りらしい。

ツイッターには、絶賛の声が寄せられている。

「すごいもの売り出してますね!」
「天才の発想ですね・・・!」

いったいどこの天才が作ったのか?

 

Jタウンネット編集部は、「めがねフェス2019」を主催する福井県眼鏡協会に探してもらった。「眼鏡の枠を作っている業者さんなら、すぐ分かると思いますが、こんぶ茶ですか?」と苦笑交じりで引き受けてくれた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ