断崖!ヒグマ!落石―日本一危険な神社「太田神社」参拝はほとんどSASUKE

2015年10月 4日 11:00

「日本一危険な神社」が、北海道にあるという。道内有数のパワースポットとしても知られ、道南五大霊場の1つにも数えられる山岳霊場「太田神社」だ。

日本一危険な神社、その行程は?アラツクさん撮影、wikimedia commonsより)
日本一危険な神社、その行程は?(アラツクさん撮影、wikimedia commonsより)

霊場やパワースポットといったフレーズから、「かつて人身御供の儀式が頻繁に行われ、その怨念が現在でも残っていて......」といったように、霊的な意味で危険な場所だと勝手に想像しがちだが、別にそういうわけでは全くない。

ただ単純に、鳥居から本殿までの道のりが極めて過酷なのである。参道は「ヒグマの生息地」で、参拝には「本格的な登山装備で挑むことが推奨される」というのだ。確かに、入口に立てられた看板をみると、以下のような文言が赤字で書かれている。

本殿参拝に伴う敷地内等で発生した事故等については、当神社では一切の責任を負いません

およそ、神社の入り口で見かける注意書きとは思えない。いったい、その行程はどれほど過酷なのだろうか。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ