アベノマスク、不要でも捨てないで 入院中の子供達にサイズぴったり...NPOの呼び掛けに反響

2020年5月25日 17:00

アベノマスクがご不要の方へ――。東京・武蔵野市のNPO法人「サラダボウル」は2020年5月18日、ツイッターでこう呼びかけた。

「#アベノマスク がご不要の方 #ハートマスクプロジェクトの回収BOXにご寄付下さい!! 」という呼びかけだ。「小さめサイズのアベノマスクが入院中の子供達にちょうど良いそうです」とも書かれている。

このツイートには、

「近くに住む者です。 アベノマスク...我が家では持て余しておりどうにか有効に役立てたいとちょうど考えていたところでした」
「アベノマスク先日届いてまだ未開封で持っているので、 さっそくポストに寄付したいと思います」
「近場なので寄付させていただきます!!肝心のマスクがまだ届きませんが」

といった声が寄せられ、話題になっている。

投稿にある「ハートマスクプロジェクト」とはいったい何だろう? Jタウンネットは、この呼びかけをしたサラダボウルのメンバーを取材した。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ