タラの白子、生で食べるのは石川だけ?

2020年2月23日 06:00

生で食べるのは、海に近い地域だけ?

県内の飲食店を訪れると、やはり冬のおすすめメニューとして生のタラの白子を掲げるお店がたくさんあります。

地元の人はもちろん、観光客にも人気で、身がしっかりしてほんのりピンク色をしたタラの白子は、ちょっとした贅沢でもあります。

近江町市場で、生のタラの白子について調べてみると、北海道出身の方から生で食べていたという情報がありました。

他にも東北の方で、生で食べる習慣があるそうです。

生の白子を食べられるのは、新鮮なものを食卓に届けられる海に近い地域のようで、石川だけではなかったようです。

しかし驚いたのは、その呼び名で、北海道では「真ダチ」、青森や岩手では「タツ」、宮城では「キク」、秋田や山形、石川、福井では「ダダミ」、京都では「雲子(クモコ)」などというそうです。

山形では、お父さんのことを「ダダ」と言い、白子はオスの身なので「ダダミ」となったようです。

いずれにせよ、生の白子は、新鮮なタラが獲れる地域の贅沢ですよね。

(ライター:りえ160)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ