ミュージアム情報 大分県

ミュージアム情報

2018/10/12

縄文土器から若冲、北斎の絵画まで、日本美術を代表する名品を一堂に展示!東京国立博物館の所蔵品の中より、縄文時代から江戸時代まで、各時代の名品を一堂に会し、...

2018/10/12

生活圏(活動領域)の拡大、深海へ宇宙へそして、生命の起源、深海か宇宙か国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と国立研究開発法人海洋研究開発...

2018/10/12

2,200万個の星を映し出す「SUPERMEGASTAR-Ⅱ」が大分初上陸!!「海と宙(そら)の未来」展と同時開催される本展では、「MEGASTAR」シリ...

2018/10/11

1200年以上にわたる歴史を通してわが国の文化の中心として発展してきた京都。この地では伝統と革新が溶け合いながら洗練された美術が育まれ、現代に至るまで、傑...

2019/11/15

いにしえより様々な民族が渡来し育まれた日本文化。その中には、山岳信仰、神祇信仰、仏教、陰陽道、道教などが混在することで編み出された修験道があります。神祇信...

2019/11/15

「多様性の時代」と言われていますが、日常で実感する場面は増えているでしょうか。様々な声が私たちには聞こえているでしょうか。女子美術大学では年々留学生が増え...

2019/11/15

このたび、サンリツ服部美術館では、茶道具の造形美をご紹介する展覧会を開催いたします。茶の湯では、趣向を凝した道具が多く使用されています。これは、客の眼前で...

2019/11/15

美濃桃山陶復興に沸いた昭和初期、志野や織部が大量に出土した窯跡が点在する土岐市にも美濃古陶に魅せられた陶工がいました。林景正(1891-1988)は本名を...

2019/11/15

大善寺玉垂宮(福岡県久留米市大善寺町)の鬼夜は、毎年1月7日の夜に行う追儺の祭事です。国の重要無形民俗文化財に指定され、現在では日本三大火祭りの一つとして...

2019/11/15

「家族」という概念は、日本が近代化していくなかで「family」の訳語として形成され、「家庭」もまたそれにともなって価値付けられてきました。さらに戦後にお...

2019/11/15

日時:12月7日(土) 14:00~15:30会場:西南学院大学博物館対象:小学生20名特別展「聖母の美」ガイドツアーのあと、クリスマスツリーを作ります!...

2019/11/14

今春開催した企画展「元素のマトリクス」をベースに新資料を加え、国際周期表年に合わせて制作された全国巡回展の愛媛里帰り展示。周期表の変遷・発展と暮らしの中の...

2019/11/14

生誕90年を迎える作家・向田邦子。生誕90年を記念して、彼女の作品を形作ったものは何かをテーマに彼女の周辺を「くにこのぐるり」と題してご紹介します。新たな...

2019/11/14

斎藤巻石(一七九八~一八七四)は、四天木村(現大網白里市四天木)の大地主であり、九十九里浜を代表する網主です。十二代四郎右衛門を継いだ巻石は、いわしの地引...

2019/11/14

光や水、霧などの自然現象を自在に変容させ、見る者に新しい知覚体験を与える作品で世界的に高く評価されているオラファー・エリアソン(1967年コペンハーゲン生...

2019/11/14

東日本大震災からわずか1年後、海洋研究開発機構JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」は、東北地方太平洋沖地震の発生メカニズムの解明を目指して震源断層の...

2019/11/13

建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在しています。未来に向けて夢想した建築、技術的に...

2019/11/13

ATELIERMUJIGINZAGallery1では、MASHIKOProductとの協働による「栗の木プロジェクト」をスタートします。「栗の木プロジェク...

2019/11/13

本特集では、日本選手が初参加した1912年ストックホルム大会から、1998年長野冬季大会まで、計23作品のオリンピック記録映画をセレクトしました。いずれも...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ