ミュージアム情報 大分県

ミュージアム情報

2018/10/12

縄文土器から若冲、北斎の絵画まで、日本美術を代表する名品を一堂に展示!東京国立博物館の所蔵品の中より、縄文時代から江戸時代まで、各時代の名品を一堂に会し、...

2018/10/12

生活圏(活動領域)の拡大、深海へ宇宙へそして、生命の起源、深海か宇宙か国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と国立研究開発法人海洋研究開発...

2018/10/12

2,200万個の星を映し出す「SUPERMEGASTAR-Ⅱ」が大分初上陸!!「海と宙(そら)の未来」展と同時開催される本展では、「MEGASTAR」シリ...

2018/10/11

1200年以上にわたる歴史を通してわが国の文化の中心として発展してきた京都。この地では伝統と革新が溶け合いながら洗練された美術が育まれ、現代に至るまで、傑...

2019/9/20

西アフリカ伝統泥染作家・平山智佳さん2013年ブルキナファソへ訪れた際に西アフリカ伝統泥染めボゴランを体験し、大地のめぐみ 自然の力で染まる色や柄に心を奪...

2019/9/20

本市は、知多半島の付け根に位置し明治20年に「大府駅」ができ、東海道線の駅になったことで、明治期より交通の便を活かして遠方で活躍したり、名古屋までの利便性...

2019/9/20

山梨県指定文化財である尾県郷土資料館(旧尾県学校校舎)で10/26(土)午前9時30分より「チャレンジ教室」と題して工作教室や小学生手作りうどん体験教室(...

2019/9/20

山本良比古は1960年代から色鮮やかな油彩を制作し「虹の絵師」と呼ばれた画家です。山本は1948年に名古屋で生まれました。聴覚・言語・知的な障がいがあるこ...

2019/9/20

町人文化が花開いた江戸時代、浮世絵は大いに人気を博しました。浮世絵といえば、美人画、役者絵、名所絵という印象を持たれがちですが、様々に展開された江戸の出版...

2019/9/20

窯業の父とも称される大倉和親が、大府の地に別荘を建てた頃に創業された「大倉陶園」が100周年を迎える。「大倉陶園100年」と冠した展示会が全国3カ所で開催...

2019/9/20

はまぎんこども宇宙科学館では、洋光台地域と連携して開催しているハロウィンイベントを今年も開催します。◆仮装コンテスト・ゲームや美味しい屋台を楽しもう!◆毎...

2019/9/20

日本を拠点とするアメリカ人アーティスト、DavidStanleyHewett(デイビット・スタンリー・ヒューエット)の展示会が開催されます。彼の代表作であ...

2019/9/20

ペリーが浦賀に来航した嘉永6(1853)年、江戸の浮世絵界に君臨していたのが「豊国〔国貞〕にかほ(役者絵)、国芳むしゃ(武者絵)、広重めいしょ(名所絵)」...

2019/9/20

栃木県小山市で幼少期を過ごした日本画家・菊川京三(1897-1985)は、現在も刊行が続く日本初の美術研究誌『國華』の図版制作者として数多くのコロタイプ木...

2019/9/20

昭和2年(1927年)に荻窪に居を構えた井伏鱒二は、以後60余年をこの地で過ごし、近隣に住む文士と交流しながら、数多くの作品を世に遺しました。本展では、こ...

2019/9/20

ウィークエンドレクチャー「地球から見た月・月から見た地球」ちょっと不思議な月から見た地球についてお話しします。サイエンス・ショウ「空気であそぼ!」身近な道...

2019/9/20

都留市の有形文化財である都留市商科資料館の大正建築のレトロな雰囲気の中で、アナログレコードを聴いてみませんか?またレコード観賞とともにその名曲が生まれた背...

2019/9/20

鈴木春信によって創始されたといわれる錦絵は、明治に突入してもなお、制作され続けていました。一方で、石版や銅版などが普及し、さらには新聞や写真といった新しい...

2019/9/20

帰り道、よその家の台所から漂ってくる夕飯の匂い、雨が降る前の匂い、昔の恋人の匂い。日常生活のなかには、食べ物、環境臭、体臭などあらゆる匂いが混在しています...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ