ライスボールではなく「ONIGIRI」 南魚沼市がローマ字表記で海外発信する理由

2018年5月 9日 20:00

「ONIGIRIを世界共通語にできればと...」

この点について、Jタウンネット編集部が5月9日に南魚沼市産業振興部農林課農業振興係の担当者に取材したところ、

「ゆくゆくは、『ONIGIRI』を、世界共通語にできればと考えていまして」

と語る。南魚沼市では南魚沼産のコシヒカリの販売促進活動である「握飯国際化計画」に国際大学とともに取り組んでおり、今回のイベントもその一環だ。

「国際化計画」と聞くとなんだかおどろおどろしいが、その実、おにぎりを巡るものなので安心されたい(画像はプレスリリースより)
「国際化計画」と聞くとなんだかおどろおどろしいが、その実、おにぎりを巡るものなので安心されたい(画像はプレスリリースより)

「国際握飯祭International "ONIGIRI" Festival」は、国際大学の学園祭である「インターナショナル・フェスティバル2018」の一部として開催される。今年初めて行うものだといい、

「昨年新潟県主催で行ったお米に関するセミナーで講師を務めた方から、『せっかく国際大学があるのだから、世界の具を使っておにぎりを作ってみてはどうか』と提案をいただいたのが契機で、今回のイベントを行うこととしました」

と経緯について説明してくれた。

バングラデシュやモロッコ、タイといったアジア・アフリカの計11か国・地域の外国人学生が8チームに分かれ、その国ならではの具を入れて開発したおにぎりの発表会が行われる。担当者は、「アフリカチームの作るもののなかには、ふつう、日本人では思いつかないものもあります」といい、目から鱗のおにぎりの具もあることを示唆した。

また、一口サイズのおにぎりを試食する時間も設けられており、(各チーム限定100個)おにぎりの表彰式も行われるというが、

「各国の料理に優劣をつけることは好ましくないので、市長や学長らの審査員が与える審査員賞という形で各国に万遍なく授与できればと考えております」

と述べた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ