予防接種は「午前中」がおすすめ 医師が教えるインフル対策のコツ

2019年11月 2日 06:00

ワクチン接種は「11月初旬」に

インフルエンザの予防接種について、専門家にお話を伺っていました。

説明してくれたのは小田内科クリニックの小田弘明院長。今年はすでに例年とは違った影響が出ているということです。

「今年は広島県でも早くインフルエンザが流行るんじゃないかということで、10月中のワクチン接種量も昨年よりも倍以上増えています」(小田院長)

例年よりも早く流行の兆しが見られる中、ワクチンを打つのはいつが良いのでしょうか?

小田院長によりますと、11月初旬に打てば、今シーズンをカバーできるということです。ワクチンの持続は約5か月なんだそう。

さらに、ワクチンを打つおすすめの時間帯があるといいます。

人間の活動が高まると、交感神経も高まるということで、午前中にワクチンを打つと、免疫力がより高まるということです。

今年のワクチンは、11月初旬と午前中がカギ。

そして、ウイルスの通り道であるのどのケアが重要だということです。

例年よりも早く流行入りしているインフルエンザ。予防接種は午前中がカギ、というのは初耳で驚きました。今年は早めに接種するのが良さそうですね。

(ライター:tama35)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ