大久保利通が「タカラジェンヌ」に... 鹿児島駅の銅像がまさかの変身を遂げていた

2019年9月 4日 18:00

「もう、それにしか見えません」

こちらは青山霊園内の大久保利通の墓の清掃を企画している「大久保利通公・墓所おそうじの会」(@okuboko_osouji)さんのツイートだ。投稿では棕櫚の木となっているが、実際には蘇鉄が育ちすぎて、宝塚歌劇で見られる背負い羽根のように見えてしまう。

像に派手さはなく、ましてや動くこともないのだが、なぜだか大階段を降りてきそうな雰囲気がしてしまう。

像の凛々しく、硬派な顔立ちに上品で力強い出で立ち――失礼ながら頭に「トップスター・大久保利通」というワードが浮かんでしまった。

投稿のリプライ(返信)欄には、

といった反応が寄せられている。

ちなみに宝塚歌劇団では2016年に上演された「桜華に舞え -SAMURAI The FINAL-」で夏美ようさんが大久保利通を演じた(新人公演では桃堂 純さん)。

それに感化された(?)かはともかく、後ろの蘇鉄が像をトップスターにしてしまうとは、天国の大久保利通も驚いているに違いない。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ