新潟県民が愛する「ミルクヨーカン」開発秘話 なぜ牛乳パックに入れた?メーカーに聞くと...

2020年2月16日 17:00

牛乳パックからぷるんと出てくる真っ白なスイーツが、ツイッターで注目を集めた。

真っ白なミルクヨーカン(写真はゆずさんのツイートより)
真っ白なミルクヨーカン(写真はゆずさんのツイートより)

その名も「ミルクヨーカン」。新潟県見附市の諏訪乳業が販売する牛乳寒天で、原材料は牛乳と砂糖、寒天のみだ。

いかにも牛乳が入っていそうなシンプルなパッケージに、四角い固体が入っているなんて、なんだか不思議な気持ちにさせられる。

ツイッターユーザーのゆず(@yuzuyu_24)さんが2020年1月、見附市に行ったら必ず買う商品としてミルクヨーカンを紹介したところ、「美味しそう」「食べてみたい」と話題に。

地元民からは

「こんなんどこでも買えると思ってた...」
「牛乳パックのまるごと食べる幸せとんでもないよ」
「美味しいけど食べ過ぎ注意!」

といった反応が寄せられた。

ゆずさんのツイートをきっかけに、ミルクヨーカンは多くの人に注目された。しかし東京・表参道にある新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」のウェブサイトに掲載されている商品紹介には

「素朴な甘みと可愛いパッケージでファンの多い商品ですが、ほとんどが地元消費。都内で買えるのはネスパスだけです」

とある。地元以外で購入するのは難しいのだろうか。

Jタウンネット編集部は諏訪乳業を取材し、牛乳パックに入っている理由や、購入できる場所を聞いた。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ