特別展「みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美」

2020年5月30日 11:08

   皇室行事など折々に注目される束帯や五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも=いわゆる十二単)などの装い。これらの公家装束は奈良時代の朝服に由来し平安時代に成立して以来、公家の装いとして受け継がれてきました。本展では当館が所蔵する吉川観方コレクションを中心に、公家の装束と小袖を展覧し、そこに展開された「みやび」の世界と、日本の美意識をご覧いただきます。

イベント詳細ページへ

会期

2020年7月25日(土) ~ 9月22日(火)

会場

奈良県立美術館

所在地

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6

インターネットミュージアム
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ