四季探訪―研ぎ澄まされる四季絵の伝統―

2018年9月 4日 10:00

   本展では、四季絵の伝統をくみながらも、江戸時代ならではの感性で季節の表情をとらえた作品を展示します。蕪村の句に「秋きぬと合点させたる嚔(くさめ)かな」という、『古今集』の秀歌をもじった-句がありますが、その軽妙なユーモアは、展示作品のひとつ、女郎花(おみなえし)に気をとられて落馬する高僧のあられもない姿を英一蝶(はなぶさいっちょう)がとらえた「僧正遍昭落馬図(しょうじょうへんじょうらくばず)」にも通じます。さらに、四季を一望のもとに眺め渡すことのできる四季絵屏風や、春秋、夏秋をとり合わせる二季の屏風もあわせて公開します。平成最後の年の瀬、年号が改まろうとも、かわることのない悠久の四季の巡りを、絵の中にお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2018年11月16日(金) ~ 12月24日(月)

会場

大和文華館

所在地

〒631-0034 奈良県奈良市学園南1-11-6

インターネットミュージアム
奈良県 最新記事
2019/1/17

突然だが、あなたは「鮭」をどう読んでいるだろうか。「サケ」なのか、それとも「シャケ」なのか。おにぎりやお弁当で考えてみてもいい。人によって、その読み方は分...

2019/1/17

全国いちご消費拡大協議会が「いちごの日」と定める2019年1月15日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。本日1月15日、#いちごの日 記念に...

2019/1/16

大きくて目立って、どこか懐かしい――そんな観覧車について、2019年1月15日放送の番組「マツコの知らない世界」(TBS系)で、ゲストとマツコ・デラックス...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
saga5_80x80.png

海の中に立つ鳥居。これが満潮になると...

釣り

回転で流れて来た握りは...

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ