懐かしの駅名標、Webで簡単再現... 話題の「ホーロー駅名板シミュレーター」、制作者の思いを聞いた

2019年4月27日 11:00

昭和の時代に駅で当たり前のように見かけた、こんな看板を覚えているだろうか。

駅の柱でよく見かけた(以下、画像は「ホーロー駅名板シミュレーター」にて作成)
駅の柱でよく見かけた(以下、画像は「ホーロー駅名板シミュレーター」にて作成)

これは駅名標の中でも「ホーロー駅名板」などと呼ばれるもので、ホーローの板に駅名を書いたシンプルなものだ。現在は北海道に比較的多く残っている。

そのホーロー駅名板風の画像をネット上で簡単に作れるサイト「ホーロー駅名板シミュレーター」が2019年4月21日に公開され、一時ツイッターでサービス名が「トレンド」入りするほど盛り上がっていた。

厳しい北海道の鉄道を思って

北海道はもちろん全国の駅名、いや駅名ですらない地名を入力するだけで駅名板になるシンプルさが受けたのか、鉄道ファンのみならず多くのネットユーザーがこのサイトでこぞって架空のホーロー駅名板を作り出すまでになった。

最近はやりのカタカナ駅名、さらには海外の駅名などもネタにホーロー駅名板にしてしまうユーザーも現れ、サイト公開直後の数日間はマニア的な盛り上がりを見せていた。

意外なところからブームを巻きおこしたサイトを制作した思いなどについて、制作者の日原さんに取材した。

国鉄時代には全国各地で当たり前だったホーロー駅名板だが、徐々に新しいデザインのものに置き換えられて本州では絶滅危惧種に近い。しかし北海道ではまだかなりの数のホーロー駅名板が残っていて、根強い人気がある。北海道なので、駅名の下の広告がほとんどの場合サッポロビールなのが特徴だ。

こちらが本物、ほしみ駅の駅名板(RJDさん撮影、Wikimedia Commonsより)
こちらが本物、ほしみ駅の駅名板(RJDさん撮影、Wikimedia Commonsより)

鉄道好きな日原さんも、北海道を何度も鉄道やバスで旅し、ホーロー駅名板もカメラに収めてきた。

JR北海道や道内の路線バスをめぐる状況はとても厳しく、至るところで廃線の危機がささやかれている。鉄道の廃線ルートを運行していたバスすら廃止になり、廃線跡をたどることすら難しくなっている。

またホーロー駅名板自体も新型に置き換えられたり、廃線で駅そのものがなくなってしまったりで数を減らし、希少価値が増している。北海道の鉄道が元気だった頃を思い起こさせてくれるアイテムがこのホーロー駅名板なのである。

そうした愛着がきっかけで、日常でも北海道を感じられたらと思いをはせて作ったのがこのホーロー駅名板ジェネレーター。駅名を入力するだけでホーロー駅名板の画像ができてしまうようにした。

かつて縁起の良い駅名でブームを起こした広尾線の愛国駅と幸福駅も作ってみた。この広尾線も1987年に廃線になっている
かつて縁起の良い駅名でブームを起こした広尾線の愛国駅と幸福駅も作ってみた。この広尾線も1987年に廃線になっている

しかし前述のように、文字を入力するだけでホーロー駅名板が作れてしまうシンプルさが受けたのか、国内外の駅名・地名はもとよりキャラクターの名前や流行語までも駅名板にしてしまうネットユーザーが多くいた。

編集部でも作ってしまった(Jタウン、高輪ゲートウェイ駅、パリのモンパルナス駅)
編集部でも作ってしまった(Jタウン、高輪ゲートウェイ駅、パリのモンパルナス駅)

実際、日原さんが独自にまとめた、作られた駅名板数のベスト30には、北海道の駅名に混じって「たかなわげーとうぇい」や「わいあーるぴーのぴ」さらには「れいわ」「がおー」などネタとしか思えないものも。

「大喜利大会になるとは思ってもいませんでした」と苦笑する日原さんだが、ホーロー駅名板の知名度もずいぶん上がったと思われる。日原さんの願望のように、北海道の鉄道に興味を持ってくれる人が少しでも増えてくれればと思う。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ