カステラの真のルーツ!? 400年の歴史を誇る平戸銘菓「カスドース」とは

2015年10月 4日 11:00
カステラの完成形とは?画像はイメージです(Norio.NAKAYAMAさん撮影、flickrより)
銀座文明堂 特撰五三カステラ

長崎を代表する銘菓「カステラ」。ふんわりとした食感と、卵本来の味を感じさせるシンプルな甘さが特徴で、子どもから大人まで幅広い層に愛されるスイーツだ。

だが、そんなカステラを「出来損ない」だと主張する人たちがいる。同じ長崎県のなかでも、最北西に位置する平戸島の住民たちだ。

2ちゃんねるに立った「長崎人『カステラはポルトガルから教えてもらった』ポルトガル『そんな菓子知らんけど...』」というスレッドでは、平戸市民とみられるユーザーが以下のような説を提唱している。

「カステラは平戸の銘菓『カスドース』の出来損ないにほかならない。カスドースを作ろうとした長崎人が、どうしても真似できなくて、作りかけをやけくそで売りだしたのがカステラ」

はたして、この主張は正しいのだろうか。そして、カステラの「完成形」といわれる、平戸のご当地銘菓「カスドース」の正体とは――。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ