提督も注目!?護衛艦「こんごう」のカレーがレトルト化して発売

2015年4月20日 17:47

海上自衛隊佐世保地区の護衛艦「こんごう」で食べられているビーフカレーが、レトルト食品として商品化された。2015年4月1日から長崎県佐世保市内の海自基地内売店などで販売されている。価格は500円(税別)。

甘さと辛さのハーモニーが絶妙だという
甘さと辛さのハーモニーが絶妙だという

14年12月に佐世保市で行われた「第3回 GC(護衛艦カレー)1グランプリ」で優勝した「こんごうカレー」は、牛肉のロース肉・スジ肉を使ったビーフカレー。隠し味としてチョコレート・リンゴ・ハチミツを加えることで、海自隊員も納得の味に仕上がった。レトルト化を担当したエスプランニングによると、「調味料に至るまでレシピ通りに開発した、本当の自衛隊カレー」だという。

メニューを考案した冨永誠剛さん(左)と斉藤浩司艦長(右)
メニューを考案した冨永誠剛さん(左)と斉藤浩司艦長(右)
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ