九州ではお墓の文字を「金色」にするらしい いったいなぜ?墓石のプロに聞くと...

2020年3月26日 06:00

名前が「金色」になっている墓石を、あなたは見たことがあるだろうか。

墓石に彫られる文字と言えば、全国的には着色されていない「素彫り」が一般的。金色なんてお墓にしてはゴージャスすぎやしないか...?と思う人もいることだろう。

しかし長崎県大村市にある浄土宗白龍山長安寺の僧侶・吉田武士さんは2020年3月10日、ツイッターでこんな投稿をしている。

「九州のお墓は文字が金色。他所は違うらしいぜ......」

なんと九州では名前が金色になっているのが当たり前だという。吉田さんのアップした墓地の写真では、墓石の名前は金色ばかりだ。

この投稿に対し、他のユーザーからは、

「そうそう!関東に来たら金色じゃなくてちょっとびっくり!」
「九州だけなんですね 我が家のお墓も金文字でしたー@福岡」
「金色、初めて見ました!私は趣味でお墓を見て回ってますが、地域と特性があって素敵ですね」

といった声が寄せられている。吉田さんは「これが普通と思ってましたー!」と他のユーザーにリプライ(返信)しており、全国区でないことに驚いているようだ。

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ