神保町「キッチン南海」が閉店、54年の歴史に幕 あのカツカレーはどうなる?料理長に聞くと...

2020年6月 5日 21:01

東京・神保町の神田すずらん通り沿いに店を構える「キッチン南海」。

都内に複数あるキッチン南海だが、1966年に創業したここが本店で、黒いルーを使ったカツカレーでお馴染みの老舗だ。

半世紀以上にわたって多くの客に親しまれてきた店舗だが、2020年6月26日に閉店することが決定。ツイッターでは閉店を惜しむ声があがっている。

神保町の「キッチン南海」が閉店(画像はすべて編集部撮影)
神保町の「キッチン南海」が閉店(画像はすべて編集部撮影)

店頭に展示されているサンプルケースの上には、「お知らせ」と題したこんな掲示がある。

「建物の老朽化に伴い 店舗契約期間終了のため6月26日(金)をもちまして閉店することになりました。創業昭和41年 長年にわたりご愛顧いただき誠に有り難うございました。

なお、7月中に神保町花月の向かいにてのれん分け独立店 キッチン南海を開店予定です。宜しくお願い致します」

このキッチン南海は閉店するが、近くに新たなのれん分け店を開店する、ということらしい。どうも移転とは違うようだが...ここのカツカレーはもう食べられなくなってしまうのだろうか。

ツイッターでは、閉店と聞いてショックを受けるファンから、

「今月で閉店と聞いて慌ててやって来ました!確かに建物の老朽化は否めない」
「10年ちょい前に東京に転勤してきて、上司に教えてもらった思い出のお店だったので、凄い寂しい...」
「もうこのカツカレー生涯で100杯弱はここで食べてるはず、寂しいけどのれん分けして移動しても味が変わらなければいいな」

といった声が寄せられている。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ