東京・奥多摩では空き家を「0円」で譲ってもらえるらしい

2020年9月22日 17:00

東京・奥多摩町が「0円」で空き家を譲ってくれるらしい――

そんな話がツイッターで話題となっている。少子高齢化とともに深刻化する「空き家問題」の対策に一役買いそうではあるが、「0円」はさすがに思い切りがよすぎないだろうか。

空き家が「0円」になる、というのは東京の山間部に位置する奥多摩町が実施している企画だ。いったいどんな物件があるのだろうか。

その一例がこちらだ。

town20200918194714.jpg

(画像は0円空き家バンク物件詳細より)
(画像は0円空き家バンク物件詳細より)

奥多摩町の公式サイトには、2020年9月18日時点で3件の「0円空き家バンク物件詳細」が掲載されており、いずれも契約交渉中の状態。そのうちの1件が上記の物件だが、想像以上に年季が入っている。

この物件の備考欄には、

「物件の使用にあたっては大規模なリフォームが必要」
「国道から山道で徒歩約30分」

との記載が。0円とはいえ、リフォーム代の負担は避けられないようだ。

奥多摩町の「0円空き家バンク」は、あるツイッターユーザーが9月7日に投稿したことをきっかけに話題となった。投稿には大きな反響があり、

「秘密基地的少年ロマンを感じます」
「キャンプするにはいいのかも。狩猟とか」
「ここで暮らしていた人はどういう仕事をして、どういう家族構成で、どうやって生活していたのか、凄く興味がある」

といった声が寄せられている。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ