ここは料亭...?いいえ、眼科です あまりに豪勢すぎる病院食が話題に→こだわりの理由を広報に聞いた

2020年8月13日 06:00
井上眼科病院の通常の病院食(画像提供:井上眼科病院)
井上眼科病院の通常の病院食(画像提供:井上眼科病院)

まず、上の写真をご覧いただこう。なんと美味しそうな料理が並んでいるではないか。けっこう高級なお店かもしれない。できれば日本酒を一杯いただきたい、そう思った方もいるにちがいない。

でも、残念ながら、お酒はダメなんですよ。なぜならこれは、病院食だから......。

2020年7月中旬、海外在住とみられるツイッターユーザーの投稿をきっかけに、日本の病院食が話題になった。

そのユーザーは、日本に住む友人から送られてきた病院食の写真に

「日本は料亭で目の手術ができるんですか?」

とコメントをつけて投稿。投稿者の友人の夫が、目の手術をするために入院した際に出されたという病院食は、まさに料亭の料理のように彩り豊か。大きなお盆の上に、ちらしずしや煮物、色付き麺やデザートが並んでいた。

ツイートを見た人からは、こんな声が寄せられていた。

「御茶ノ水の某眼科ですかね。(略)祖母が白内障の手術で入院してた時に送ってきた写真を見て、料亭かなと思いました」
「私もレストランで出産しました!笑」
「日本の病院食、美味しいところが多いのかしらん?」

他にも、料亭やレストランのような病院食が出る病院に入院していた、という複数のユーザーが病院食の写真付きでリプライを送っていた。

一方で海外の病院に入院した経験のある人からは、「羨ましい」といった声も。日本の病院食はそんなにレベルが高いのだろうか。

Jタウンネット編集部は、ツイッターで病院食が豪華だと名前が挙がっていた御茶ノ水の眼科、医療法人社団済安堂・井上眼科病院に取材し、詳しい話を聞いた。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ