「ヤンキーが多い県といえば?」投票の結果が圧倒的すぎて笑えない

2014年7月18日 17:27

常陸国(茨城県)の鹿島神宮は、武の神様を祭る神社として皇室や武士政権から厚い崇敬を受けてきた。県の南東部に位置し、十数キロ南へ下ればそこは千葉県である。
そんな両県は「チバラギ」の別称が付けられている。田舎臭い風土を指す言葉として主に用いられるが、全国でもとりわけヤンキーの多い地域としても知られている。

警察庁のウェブサイトより
警察庁のウェブサイトより

1位茨城、2位千葉、3位福岡、4位大阪、5位沖縄

武を尊ぶ風土が荒くれ者を多く輩出する要因かどうかは不明だが、「知性よりも気合いだ!」みたいな人は確かに多い。

2014年5月16日から7月17日までの約2カ月間、Jタウンネットは「ヤンキーが多そうな県は?」というテーマでアンケートを実施し、合計3564名に投票いただいた。

大方の予想通り――と言っていいのか、茨城が1位、千葉が2位という結果となった。
下の図表だと両県の差は短いように見えるが、茨城の獲得率は25.3%なのに対し、千葉は10.3%とダブルスコアだった。
以下、3位に福岡、4位に大阪、5位沖縄、6位神奈川、7位広島までがそれほど差がなく続き、そこからは栃木・埼玉・群馬と北関東の3県が並んでいる。逆に得票が最も少なかったのは、新潟・鳥取・長崎といった県だった。

図表は編集部が作成
図表は編集部が作成

「ヤンキー県」という自覚も茨城県民はダントツ!

いくら茨城にヤンキーが多いといっても、しょせん映画や漫画の話で、地元の人に聞けば「ヤンキー? 見かけないよ。あ・れ・は、マスコミが作ったイメージ!」という声が返ってくるのではないか――そう考えた編集部は、次に「自分の県に投票した数」に注目した。

図表は編集部が作成

47の選択肢中、自県に入れた票の割合が最も高かったのは茨城・奈良・広島・福岡の4県。このうち茨城県民の72%が、自県に投票していることが判明した。これは全国的にみても突出している。修羅の国と称される福岡や、仁義なき戦いの舞台・広島ですら30%台というのに。

茨城の好敵手というべき(?)千葉は、自県に投票した人の割合は18%しかいなかった。

ヤンキーが多すぎて明治維新に乗り損ねた?

これらのデータから、日本一のヤンキー県は茨城という事実はゆるぎないと思われる。

日本の警察組織が発足したばかりの明治時代、警察官の多くが茨城や福島会津地方の出身者だったという。茨城の県民性の研究では、正義感が強く警察官になりたがるという分析結果もある。そんな若者が不良に走ってしまうのはなぜなのか......。
ところで、2代藩主・徳川光圀で有名な水戸藩は幕末、尊皇攘夷の先駆け的立場だったが血で血を洗う内紛を繰り広げ、明治維新をリードする機会を逸したといわれる。この伝統が今も引き継がれているというのはうがちすぎか。

「地域差・ランキング」の最新記事

2018/11/16 06:00

2018年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスの日本シリーズ連覇で幕を閉じた。...

2018/11/9 06:00

手軽に寿司を食べられる場所としてポピュラーな回転寿司。さまざまな回転寿司チェーンがあり、寿司好きの日本人に欠かせない場所になっている印象だが、実際のところ...

2018/11/2 06:00

今季リーグ最下位に沈んだプロ野球・阪神タイガース。金本知憲監督がチームを去り、新たに矢野燿大新監督が就任。来季の巻き返しを狙っている。...

宮城県 最新記事
2018/11/20

バスタオルって、どれくらいの頻度で洗えばいいのだろう。1度使ったら必ず洗わないとダメな人もいれば、週に1回くらいでOKだという考え方もあるだろう。はたまた...

2018/11/20

今年も「県民手帳」が話題になっている。 各県の自治体が作成している手帳で、公的情報が充実していて特産品やイベントなど地元の情報が豊富なのが一番の特徴。また...

2018/11/19

[OH!バンデス - ミヤギテレビ] 2018年11月6日放送の「週刊鷲砲(わしほー)」のコーナーで、普段は見られないスタジアムの裏側について紹介していま...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
墓じまい

ブームの「終活」について前向きに考えてみる。

小倉城

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ