「ヤンキーが多い県といえば?」投票の結果が圧倒的すぎて笑えない

2014年7月18日 17:27

1位茨城、2位千葉、3位福岡、4位大阪、5位沖縄

武を尊ぶ風土が荒くれ者を多く輩出する要因かどうかは不明だが、「知性よりも気合いだ!」みたいな人は確かに多い。

2014年5月16日から7月17日までの約2カ月間、Jタウンネットは「ヤンキーが多そうな県は?」というテーマでアンケートを実施し、合計3564名に投票いただいた。

大方の予想通り――と言っていいのか、茨城が1位、千葉が2位という結果となった。
下の図表だと両県の差は短いように見えるが、茨城の獲得率は25.3%なのに対し、千葉は10.3%とダブルスコアだった。
以下、3位に福岡、4位に大阪、5位沖縄、6位神奈川、7位広島までがそれほど差がなく続き、そこからは栃木・埼玉・群馬と北関東の3県が並んでいる。逆に得票が最も少なかったのは、新潟・鳥取・長崎といった県だった。

図表は編集部が作成
図表は編集部が作成

「ヤンキー県」という自覚も茨城県民はダントツ!

いくら茨城にヤンキーが多いといっても、しょせん映画や漫画の話で、地元の人に聞けば「ヤンキー? 見かけないよ。あ・れ・は、マスコミが作ったイメージ!」という声が返ってくるのではないか――そう考えた編集部は、次に「自分の県に投票した数」に注目した。

図表は編集部が作成

47の選択肢中、自県に入れた票の割合が最も高かったのは茨城・奈良・広島・福岡の4県。このうち茨城県民の72%が、自県に投票していることが判明した。これは全国的にみても突出している。修羅の国と称される福岡や、仁義なき戦いの舞台・広島ですら30%台というのに。

茨城の好敵手というべき(?)千葉は、自県に投票した人の割合は18%しかいなかった。

ヤンキーが多すぎて明治維新に乗り損ねた?

これらのデータから、日本一のヤンキー県は茨城という事実はゆるぎないと思われる。

日本の警察組織が発足したばかりの明治時代、警察官の多くが茨城や福島会津地方の出身者だったという。茨城の県民性の研究では、正義感が強く警察官になりたがるという分析結果もある。そんな若者が不良に走ってしまうのはなぜなのか......。
ところで、2代藩主・徳川光圀で有名な水戸藩は幕末、尊皇攘夷の先駆け的立場だったが血で血を洗う内紛を繰り広げ、明治維新をリードする機会を逸したといわれる。この伝統が今も引き継がれているというのはうがちすぎか。

アクセスランキング
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ