果物たっぷりだと思ったのに! 斬新すぎる「フルーツサンド」話題、お店に事情を聞くと...

2019年5月22日 20:00

キウイ、イチゴ、パイン... 「フルーツサンド」といえば、ふわふわの生クリームと色とりどりのフルーツをパンで挟んだものを想像する人が多いのではないだろうか。

「銘菓の店 マツキ」のフルーツサンド(ぴよんきち@blacksan217さん提供)
「銘菓の店 マツキ」のフルーツサンド(ぴよんきち@blacksan217さん提供)

しかし、ツイッターユーザーのぴよんきち(@blacksan217)さんが投稿したフルーツサンドは少し違った。

左の写真のように、コッペパンを包むビニールには「フルーツサンド」のラベルが貼られ、両端にはミカンが1切れずつ見える。ラベルで見えない部分にはフルーツがたっぷり......と思いきや、現れたのは詰め込まれたホイップ。フルーツサンドと銘打っておきながら、フルーツはミカン2切れだけだったのだ。

これを販売しているのは、創業およそ150年の老舗「銘菓の店 マツキ」(長野県長野市)だ。

Jタウンネットは2019年5月22日、地元の高校生を魅了しているというフルーツサンドの秘密をマツキに聞いてみた。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ