「30秒の確認が、数時間を救う」 JR籠原駅、忘れ物の注意喚起が「名言すぎる」

2019年3月15日 20:00

JR籠原駅に、忘れ物の怖さを思い知られる看板が設置された。そこに書かれたあるフレーズが、「名言すぎる」などと話題になっている。

忘れ物をしたら、はるか熱海や沼津まで取りに行かなければいけない。その状況を注意するため、

「降りる前の30秒の確認が 降りた後の数時間を救う」

というインパクトのあるフレーズが書かれているのだ。

Jタウンネット編集部は、籠原駅を管轄するJR東日本高崎支社に、この看板がバズったことの感想などを聞いてみた。

アクセスランキング
Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
ひろしまサンドボックスチャンネル
注目情報

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

20190313touden2.jpg

クイーンズ伊勢丹のバイヤーに聞く「福島牛」の現在とは

20190222koshiduka_a.jpg

駅内の人気店も待望の復活。一風変わったスタバも出店します。

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ