オコゼを懐からチラリと見せて、「ワッハッハ」と笑う 三重県尾鷲市の奇祭「山の神」

2018年2月11日 20:00

男たちが山に集まり、懐からオコゼを取り出しながら一斉に大声で笑う――。この説明だけではまったく状況がわからないかもしれないが、面白動画のネタでもなんでもない。三重県尾鷲市(おわせし)にある矢浜地区という地域で行われている「山の神」というれっきとした祭りの内容だ。

毎年2月7日に行われているとのことで、尾鷲市の公式サイト上にも冬の行事のひとつとして紹介されている。しかし、なぜ山の神なのにオコゼなのか、笑う意味はなんなのか、そもそも何の祭りなのかということがまったくわからない。まさしく奇祭だ。

オコゼを持って笑う......?(尾鷲市公式サイトより)
オコゼを持って笑う......?(尾鷲市公式サイトより)

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

クイズも、診断、投票も。あなたが作る。みんなが解いてくれる。

↑上へ